産後の自己処理において剃ることによるムダ毛処理の方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠中は、女性ホルモンの割合が多くなりますが、胎児の体に女性ホルモンを行き渡らせる必要があります。

なので、産後は女性ホルモンより男性ホルモンの方が割合が多くなるので、ホルモンバランスが乱れます。

さらに、ホルモンバランスの乱れにより肌にも影響を与え、肌が敏感な状態となります。

また、男性ホルモンが多くなることでムダ毛に多くなるので、ムダ毛処理する際は赤ちゃんの面倒を見る時間とは別に確保する必要があります。

そのため、産後は子育てにより脱毛施設に通う時間を確保しにくくなるので、ムダ毛処理は自宅で行うのが基本となります。

とはいえ、剃刀でムダ毛処理を行うことは、産後の肌を傷つけやすくなります。

なぜなら、産後は肌が敏感なので外部からの刺激を受けやすいので、肌が乾燥しやすいからです。

肌を保湿して肌が乾燥しないようにする

よって、剃刀によって肌にダメージを与えると、肌と毛穴を傷つけやすくなります。

けれども、剃刀は毛抜きと違って毛を抜くことで毛穴を広げるリスクがありません。

それでも、剃刀は刃が欠けているとムダ毛を綺麗に処理できないだけでなく、肌を余計に傷つける原因になります。

とはいえ、剃刀は毛抜きと違って広範囲のムダ毛処理には適しているので、肌に与える刺激を抑えることが重要となります。

そのため、剃刀の刃のように直接肌に当てずに剃れる電動シェーバーは、産後のムダ毛処理に最適な方法となります。

しかし、電動シェーバーによるムダ毛処理の注意点は、肌を保湿せずに行うと肌を傷つけることです。

なので、産後で電動シェーバーによってムダ毛処理を施す場合は、剃る前と剃った後に必ず肌を保湿して肌が乾燥しないようにするのが大切となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*