ワキ脱毛に興味がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ脱毛に興味があるけど、ハードルが高くて……

夏はバカンスの季節。ましてやここ例年の猛暑で、海やプールに遊びに行く女性も多いでしょう。

海辺やプールサイドでは肌を露出することになりますが、その時に注意が必要なのがワキに生えているムダ毛です。

キチンと処理されていないと、腕を上げた時など他人がそのムダ毛を見ることになり、「女性なのにだらしない」と軽蔑されかねません。

ただ、ワキ毛というのは意外に自己処理が面倒です。カミソリを使っていると毎日剃らないとすぐにブツブツが目立ってきますし、毛抜を使うのは痛みがあって、処理自体がイヤになってきます。

おまけに自己処理は肌トラブルがつきもの。埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)などに繋がりかねず、ワキの見た目が悪化してしまいます。

「面倒くさいからサロンで脱毛しようかな……」

そう思ってしまう女性も多いはず。でも初心者にとって、脱毛というのはハードルが高いものです。

「何回くらい通う必要があるの?」
「痛みはあるの? あるとしたらどれくらい?」
「最終的に料金はどれくらいかかるの?」

これらの疑問に答えが見つからないまま、結局、脱毛サロンへ行かずに自己処理を続ける、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の詳細やサロンの選び方などについて詳しく説明し、そんな初心者の悩みを解決してみることにしました。

これらの情報が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になることを願っています。

そもそも「脱毛」とは?

ワキ脱毛の情報を述べていく前に、まず「脱毛とはどんなものか?」ということを説明します。

勘違いしている人が結構いるのですが、サロンや医療クリニックでの「脱毛」というのは、別に毛を抜いていく作業は行いません。
その施術のターゲットとなるのは、皮膚の中にある毛根部分です。

以前は特別な針を使って毛根を焼き切っていたのですが、現在では技術革新が進み、特殊な光を肌に当てることで毛根にダメージを与える方法をとっています。

この時に使われるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)といった光は、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わる特質を持っています。部位に照射すると皮膚は素通りし、毛乳頭、毛母細胞といった発毛組織だけに損傷を与えます。

この方法は画期的なものでした。
おかげで脱毛は気軽なものとなり、最近では顔、脚はもちろん、VIOなどの特殊な部位まで脱毛する人が増えています。

その中でもワキは最も人気のある部位。
ほとんどの初心者はまずワキを施術してもらうと言われています。

また、ワキというのは汗腺が集まっているところです。そのせいで老廃物や汚れが蓄積し、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)などの厄介な病気や症状が起こりやすいと言われています。

ワキのコンディションを保つためにも、ムダ毛を一刻も早く脱毛してもらい、自己処理がいらない状態にしましょう。

気になる施術回数、料金、痛みは?

ワキ脱毛のメリットがご理解頂けたでしょうか?

「そんなにメリットがあるなら、すぐにサロンに通って施術を受けたい」という人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンで施術を受けるとなると、以下のようなことが心配になると思います——

・施術回数は最低でどれくらいなのか?
・料金はいくらぐらいかかるのか?
・施術時の痛みはひどいのか?

これらの点について、説明していきましょう。

まず施術回数について。脱毛というのは、1回や2回の施術では完了しません。完璧にムダ毛を処理するには、意外なほど長い期間が必要となります。

特にワキは厄介な部位。集中的に太い毛が生えているうえに、毛根が深い箇所にあり、他の部位よりも施術が大変だと言われています。
そのため、顔や脚に比べてどうしても施術回数が増えてしまうのです。

もちろん毛の質などによって個人差は大きいのですが、脱毛完了まで12回から18回かかる、と考えておいた方がいいでしょう。

続いて料金について。

これについてはサロン次第。店舗によって相当な違いがあるようです。たとえば、古くから営業している高級サロンの中には、お金持ちの顧客が多いのか、かなり高額な料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛については初心者向けのコースが多く、全般に値段は安くなっています。

「その中でも特にリーズナブルな店は?」と思ってネットで調べてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは「ミュゼ」。全国展開をしているチェーンサロンです。

オススメしたいのは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円だというから驚きです。

こんな価格で施術してくれるところは他には見つかりません。脱毛初心者には最適と言えます。

さらにミュゼのメリットは、料金だけではありません。

実は、サロンでのIPLによる施術というのは毛穴に高熱が発生するため、どうしても痛みを感じます。ミュゼはそれが軽くなるように工夫しているのです。

具体的に言うと、他のサロンのほとんどがIPL方式の脱毛機を採用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を使っています。

IPL方式の場合はキセノンランプを使い、肌にインテンスパルスライトを照射します。

一方、SSC方式で用いられるのはクリプトンライト。

キセノンランプは光を当てるだけで脱毛効果があるのですが、クリプトンライトはその効果を備えていません。

ではどうやって脱毛効果を上げるのかというと、肌に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを照射すると毛根部分がダメージを受け、発毛が抑えられるのです。

SSC方式の最大の特徴は、光のパワーが弱くても脱毛効果をあげられる、という点。
ジェルとの組み合わせで毛根に効果を及ぼすため、高熱の必要がありません。
したがって痛みも軽くなるわけです。

「痛みが苦手なので脱毛はイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら安心です。

ワキ脱毛を成功に導くには?

「ミュゼなら格安で、痛みがない」と述べましたが、お住まいの地域に店舗がないこともあります。そんな時は、他のサロンを選ばなければなりません。

ただ、現在はちょっとした脱毛ブーム。新規のサロンが激増し、以前よりも店舗数が多くなっています。
その数が多すぎて、初心者はどこにすればいいのか迷ってしまうでしょう。

また、色々なサロンが毎月のようにキャンペーンを行っているのですが、これもプランが複雑で、どれが安いのか判断が難しい……。

そこでサロンを選ぶ際、注目すべきポイントを3点ほどあげてみます。

施術可能回数が12回に達しないサロンは避ける

まだまだ脱毛について正確な知識のない人が多く、たとえば1回の施術でその部位のムダ毛は一生生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんこれは間違い。たった1、2度の施術では、ムダ毛を根絶やしにすることなどできません。
確かに施術後10日から1ヶ月ほどするとツルツルの状態にはなりますが、さらに時間が経つと新しい毛がまた生えてきてしまいます。

発毛自体を抑えるには、IPLやレーザーなどの光を数ヶ月から数年かけて当て続けなければなりません。

しかもワキのように太いムダ毛が密集している場合、上述したように12回から18回の施術が欠かせないのです。

というわけで、安い料金に釣られて施術回数が12回に満たないプランを契約してしまうと、「結局は追加施術」という羽目に陥ります。そうなると高いプラン以上の金額を払うことになります。

リーズナブルに脱毛するためには、あまりに安価なプランは考慮に入れず、何度でも施術可能なコースを選ぶようにしましょう。

契約前に返金制度や施術期限に気をつける

ワキ脱毛を一旦始めたら、最低でも3年間はサロンに通わなければなりません。

しかしサロンと一旦契約しても、「スタッフが不親切」といった理由で、通うのをやめてしまうケースもあると思います。

契約を中途で解約する場合、当たり前ですがサロン側はイヤな顔をします。
施術回数をほとんど消化していないのに、返金が半額に満たない、という店も多いようです。

もし中途解約する可能性のある人は、契約を結ぶ前に解約条件についてスタッフに訊ねておきましょう。

またサロンによっては、契約日時から日数が経つと施術そのものができなくなる、というところもあります。その点も事前にチェックしなければなりません。

いずれにしても「ワキ脱毛には長い期間が必要」ということを忘れず、なるべく回数や施術期間が無制限のサロンを選びましょう。

施術後のケアも大事

ムダ毛処理だけではワキのケアは充分とはいえません。

見栄え良くするには黒ずみなどの症状を改善することも肝要。
そのためには肌の潤いを保つ必要があります。

上で述べたように施術した後の毛穴は熱を持つため、その周りの肌は乾燥しがちとなります。

脱毛サロンにはそれに対応し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できますから、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの差について

ワキ脱毛を行ってくれるのはサロンだけに限りません。医療クリニックでも施術してもらえます。

ではサロンとクリニックには、どんな違いがあるのでしょうか?

現在、脱毛サロンで施術の主流となっているのは、光(フラッシュ)脱毛という方法。そして医療クリニックの方では、レーザー脱毛がメインになっています。

「特殊な光を使って毛根にダメージを与える」という点は共通しているので、両方とも脱毛の原理そのものは同じといっていいでしょう。

ではフラッシュ脱毛とレーザー脱毛でどんな差があるのかというと、毛根部分にダメージを与えるパワーです。

レーザー光の威力はIPLとは比べ物になりません。
組織は完全に破壊されてしまい、いわゆる「永久脱毛」も可能になっています。

また脱毛完了までに必要な回数も違いがあります。フラッシュ脱毛は10回以上かかってしまいますが、レーザー脱毛の場合、上手くいけば数回で終了。

もし「脱毛を短期間で終えたい」と考えているなら、医療クリニックを選んだ方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は安くですむのか?

ワキ脱毛というのは非常に格安です。
そのせいもあって初心者はワキを最初の脱毛箇所として選ぶことが多いようです。

ではワキ脱毛の料金はなぜ安いのでしょう?

第1に考えられる理由としては「元々ワキが狭い部位だ」ということ。

実はサロンでは面積によって料金を決定することが多く、その点でワキは安価なパーツというわけです。

そして次に考えられるのは、サロン側の”戦略”です。

女性はまずワキ脱毛をしようとするため、「その値段を下げることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしてもワキ脱毛は手軽です。サロンの技術もすぐ分かるので、施術はワキから始めるのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果に不満がある場合は?

サロン通いの末、ワキ脱毛がようやく完了。でも、その結果に不満が——。

そんな時、そのまま施術を続けることもできますが、追加の料金が結構かかります。

そんな事態にならないためにも、少々値は張りますが最初の契約で12回以上のプランを選びましょう。

また、そのサロンをやめて他店に乗り換える方法もあります。しかしその場合は最初のカウンセリングからやり直す必要があり、時間と手間がムダです。

とにかく施術期間、及び回数は多めに見ておくことが重要。
なるべくなら施術回数が無制限というサロンと契約しましょう。

脱毛の後、ワキの汗が増えるって本当?

最後に脱毛完了後の”ある噂”について、書いておきましょう。

実はワキ脱毛についてネットで検索していると「脱毛をしてからワキ汗の量が増えた」という口コミを結構見かけます。

こんなことが本当にあるのでしょうか?

答えを先にいいますと、全くのデマ。そんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗がひどくなった」と思い違いしてしまう人は実際多いようです。

ネットで調べてみると、その理由は——

「ワキ毛がなくなってしまったので、今までせき止められていた汗が肌を流れるようになり、量が増えたと勘違いする」

ということのようです。

つまり単に感覚の問題にすぎず、汗の量そのものが増えたわけではありません。

しばらくするとその感覚にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? 様々な観点から、ワキ脱毛についての情報、サロンの選び方について説明してみました。

ぜひ以上の情報を参考にしながら、お気に入りのサロンを見つけて下さい。

ムダ毛が処理できれば他人のワキへの視線も気にならなくなり、肌のコンディションもきっと良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*