「VIO脱毛ってどういうもの?」という女性へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夏は長期の休暇が取れることもあって、レジャーや旅行を謳歌する人が増えます。
暑い季節にしかできない大胆な服装を楽しむ女性も多いでしょう。

特に10代20代の女の子にとっては、自信のあるスタイルを周囲に見せつけるチャンスです。そのことで男性たちの目を惹きつけ、素敵な彼氏をゲットすることもできます。

ただ、みずみずしい肌を見せびらかすのはいいのですが、肌に生えているムダ毛には注意する必要があります。

きっちりと処理していないと見栄えが悪いですし、視線を向けた男性からも「露出しているくせにだらしがない」と思われがち。

ただ自己処理は「面倒くさい」という女性も多いでしょう。そんな人にとってありがたいのが、熟練したプロの手でムダ毛を脱毛できるサロンやクリニック。雑誌の広告やテレビのCMなどで、盛んに宣伝が打たれています。

実は脱毛がこれほど一般化したのは近年のこと。以前は「ニードル脱毛」(毛穴に針を突き刺して毛根を焼き切る)という方法を取っていたこともあり、非常に手間がかかっていました。しかも痛みも相当激烈なので、あくまで中年女性が若作りのために受けるもの、というイメージがあったのです。

しかし最近ではレーザー技術を適用したスピーディな脱毛マシンが考案され、脱毛する人も急激に増加。さらに初心者をターゲットにしたキャンペーンも盛んに実施されています。

また、脱毛可能なパーツも多くなりました。以前は施術箇所といえばワキや足が中心だったのですが、現在では腕、顔のほかに、「VIO」という新たな部分が注目を浴びています。

これを聞いて「え、VIOってどこのパーツ?」と不思議に思う人もいるでしょう。
確かに脱毛人口は拡大しましたが、まだまだサロンや専門クリニックとは縁のない人も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げました。VIO脱毛についての基本的な情報を紹介し、あわせてサロンやクリニックで導入されている脱毛方法も解説してみることにしました。

「VIO」って体のどこを指すの?

「VIO」というとコンピューター関係の専門用語かと思う人がいるかもしれませんが、もちろんそうではありません。実は美容業界で「デリケートゾーン」と呼ばれるパーツ、女性の性器付近からお尻の辺りのことです。

V、I、Oは、それぞれ説明すると——

Vライン……股間の三角形の部分。「ビキニライン」とも呼ばれる。
Iライン……女性器の両脇の帯状の部分。
Oライン……肛門を中心にした半径2センチほどの丸い部分。「ヒップ奥」の別名も。

となります。

つまり、VIOというのはそれぞれの部位とアルファベットの形が似ていることからつけられたもの。別に何かの単語の略号というわけではありません。

ということで、要するに「VIO脱毛」はアンダーヘアの脱毛のことです。

「VIO脱毛」とまとめていいますが、サロンやクリニックでは3つ別々に脱毛ができます。

そして3ラインすべてをツルツルにしてしまう脱毛には「ハイジニーナ」という別称がついています。

最初、日本にVIO脱毛に関するニュースが伝えられた時、その名前は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(サロンや医療クリニックの中には公式サイトの中で「ハイジニーナ脱毛対応」と記してあるところがありますが、これは事実上VIO脱毛のことです)。

その時は海外のモデルや女優が実践している風変わりな美容法というイメージがあったのですが、いまでは日本のサロンや医療クリニックでもすっかりポピュラーなプランとなっています。

実際、「施術したいパーツ」のアンケートでは第2位です(第1位はワキ)。

VIO脱毛のメリットってどんなこと?

いくら人気があるといっても「デリケートゾーンをツルツルにして一体どんな得があるの?」と不思議に感じる人も少なくないでしょう。

実はVIO脱毛には、以下のような数々のメリットがあります。

1.デリケートゾーンに繁殖しがちな雑菌が防げる

男性の股間と違って、女性器というのは肉が折り畳まれるように重なっています。さらに他の部位よりも太くて縮れた剛毛が密集して伸びているため、どうしても風通しが悪くジトジトしています。

そのせいで薄い下着を履いていても雑菌が増え、ニオイ、かゆみといった不快な症状が起こりがち。

とりわけ女性器の両側のIラインは、生理の時は経血などが付着してしまい、どうしても非衛生的になります。

VIO脱毛をすればそんな状態も解消されます。
無毛ならば雑菌が繁殖しずらいので、デリケートゾーンは常に清潔になるでしょう。

2.自己処理が不要になる

デリケートゾーンというのはワキと同じように太く濃い剛毛が生えていますが、それなのに他の部位より肌自体は薄くなっています。そのため、市販の道具で毛を処理するのがやりにくいものです。

また、自己処理そのものもオススメできる行為ではありません。どうしても肌に負担をかけ、肌の状態を悪化させます。
特にカミソリは、ブツブツの埋没毛を引き起こすことが多いのです。

それに菌が毛穴の傷ついた部分に入ると、毛嚢炎になる可能性も高まります。

これらの肌トラブルのリスクを減らすためにも、VIO脱毛することには意義があります。

3.大胆な下着や水着を身につけられる

肌を大胆に露出した水着や下着をきたいと思ったら、必ず股間のヘアを処理しないといけません。

でも上で記したように自己処理というのは肌に負担をかけがち。
せっかくツルツルの状態にしているのに、肌に色素沈着などが残ると本末転倒です。

サロンやクリニックで脱毛すれば、そんな自己処理が不要に。肌についても自信が生まれ、お望みの下着を身につけることができます。

Vラインにはデザインが色々ある

Vラインは、サロンやクリニックでのアンケートでも、毎回必ず施術希望部位の上位にランクインする人気パーツ。やはり処理しないと、水着や下着からヘアーがはみ出してしまうからでしょう。

外国ではハイジニーナに抵抗が少ないので、Vラインも完全なツルツル状態にする女性がかなりいます。
しかし、日本ではやはり脱毛の事実を他の人に知られたくないのか、ほとんどの女性が一部を残す方を選ぶようです。

その時問題となるのが、「残ったヘアーをどんなデザインにするか」ということ。

サロンやクリニックでは、以下に示すように何通りかの定番デザインを用意しています——

・逆三角形

たいへん自然で抵抗のないデザインなので、選ぶ人が1番多くなっています。
「脱毛したことを気づかれたくない」と思う人は、これにするのがベストです。

・オーバル型

オーバルは英語で「楕円」のこと。自然さはそれほどではありませんが、角が丸まっていて可愛さをアピールできます。

・Iライン型

帯のような形にヘアを残します。大胆で露出の多い水着を楽しみたいという女性にはピッタリ。縦の線が強調されることで、「足が長く見える」という長所もあります。

・Uライン型

「逆三角形」の角を刈り込んだデザインで、やはり自然に見えるために選ぶ人が多くなっています。

・スクエア型

「Iラインよりもヘアを残したい」という女性がよくチョイスしています。ただやはり自然さには欠けるので、「好きじゃない」という人が多いかもしれません。

ちなみにVライン脱毛を医療クリニックでおこなう人は、デザインを選ぶ際、くれぐれも慎重にして下さい。

クリニックはいわゆる永久脱毛のため、ヘアーを一度脱毛してしまうとVラインの形は一生変わりません。特殊なデザインだと後で悩む可能性もあるので、よく考慮の上で選びましょう。

Oライン脱毛をするとどんなメリットが?

Vライン、IラインはVIO3つの中でもポピュラリティがあります。大胆で露出高めの水着や下着を楽しむなら、これらのヘアーはどうしても処理する必要があるからでしょう。

ところがOラインについては脱毛する女性が少ないようです。

でもOラインを脱毛すれば肛門付近も常に清潔になり、ニオイも軽減されます。

また、セックスの際も体位によっては相手の視界にOラインが入ることもありますから、脱毛しておけば安心です。

サロンやクリニックでの施術では、備え付けの紙パンツに履き替えます。それをスタッフがうまくずらしつつ、施術していくわけです。

施術時の体勢は「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかになります。恥ずかしさがマシなのは後者なので、スタッフに「うつ伏せ」とリクエストしましょう。

最初はさすがに恥ずかしいでしょうが、何度も施術するうちに平気になります。

所要時間はほんの10〜15分。
これだけで不潔な状態が改善されるのですから、ぜひOライン脱毛にチャレンジしましょう。

サロンとクリニックの差とは?

VIO脱毛を受けるなら、サロンか医療クリニックに出かけることになります。

2つの違いはどこにあるのかというと、主に施術方式です。

サロンが施術のために使っているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)のマシン。

「IPL」(intense pulsed light)というのはレーザー系のライトで、紫外線をカットしてあります。

肌に当てると、毛に含まれるメラニン色素に反応。熱エネルギーに変わって、毛根にある発毛組織に損傷を与えます。そのことで新たな毛が伸びるのを防ぐわけです。

一方、医療クリニックではレーザー光で施術します。

原理自体はIPLと同じ。やはりメラニン色素で熱に変わり、発毛組織を破壊します。

IPLとレーザー光の差はパルス幅と波長ですが、パワーが強いのは後者です。数回の照射で毛根すべてが破壊され、体質によっては無毛状態が半永久的に続きます。
この「永久脱毛」は医療行為とされ、医師免許を取得したスタッフが脱毛をおこないます。

このようにレーザー光の脱毛効果は抜群ですが、「痛みが強い」というところが欠点です。

一方、IPLはレーザーほど痛みはひどくはありません。ただ威力が弱いだけに、施術日数と照射回数が多くなってしまいます。

またIPLだと毛根はただ弱まるだけなので、脱毛完了から日数が経つと毛が再生する確率が高くなります。

「多少の痛みなら耐えられる」という人なら、レーザー脱毛の方が効果が長持ちしてお得でしょう。

VIO脱毛の費用は?

VIO脱毛しようと思った時、まず知りたくなるのはその料金でしょう。

ここではいくつかの場合に分けてその費用を紹介してみます(なお、以下のものは「VIOをすべて脱毛するプラン」です。バラバラに脱毛する場合は施術料も違います)。

まず、サロンで施術する場合、有名店舗の施術料は次のようになっています——

減毛程度に抑えるだけ

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回は8,640円)

完璧にツルツルにしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回は9,180円)

続いてクリニックで施術する場合。有名クリニックの施術料は以下の通り——

減毛程度に抑えるだけ

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回は18,540円)

完璧にツルツルにしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8回と9回のプランがありません)

チェックしていくと、サロンは回数が多くて施術料も高く、医療クリニックの方がお得になっています。特に湘南美容外科のリーズナブルな料金が目を引きます。

VIO脱毛をしてもらうなら、湘南美容外科が料金の点でおすすめです。

以上、VIO脱毛の初心者向けの情報を解説してみました。いかがだったでしょうか?

もし「アンダーヘアーをずっと自己処理している」という女性がいたら、1度プロの手で施術してもらうことをオススメします。上に記したように自己処理は肌に負担をかけ、コンディションを悪くします。

脱毛でデリケートゾーンは衛生的になり、美しさもアップするでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*