脱毛が毛穴が毛穴に与える効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛に知識のない人

施術が毛穴に与える効果とは?

脱毛に知識のない人の中には、「サロンやクリニックで脱毛してもらうと毛穴がふさがってしまう」と思い込んでいる方がいるそうです。

また、ネットを調べると「汗が出なくなるのでワキガになる」とまことしやかに記された文章も見かけますが、もちろんそんな副作用もありません。

そもそも脱毛サロンやクリニックの施術というのは、高熱で毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて発毛機能を阻害し、毛を生えにくくするだけです。脱毛完了後も、毛穴そのものは立派に存在し続けています。

ただ脱毛前と比較すると毛穴は確かに目立たなくなるので、「毛穴がふさがった」と思い込んでしまう人も出てくるのでしょう。

では、毛穴はなぜ目立たなくなるのでしょうか?

それは脱毛完了前に日常的におこなっていた自己処理をしなくなったせいです。

例えば、毛抜きを用いた自己処理は炎症を生じさせ、毛穴を目立たせてしまう原因となります。

またカミソリを使うと保湿に欠かせない角質をそいでしまうため、肌の乾燥をもたらす一因となってしまいます。

これらの自己処理をやめたことで、肌のコンディションが以前よりも良くなり、毛穴の存在が目立たなくなったわけです。

つまり脱毛というのは発毛機能を失わせてツルツルにするだけのものではなく、刺激から皮膚を守って美しさを保つ、という効果も備わっています。

しかし、せっかく施術してもらっても、肌のケアをキチンと継続しなければ元も子もありません。

美肌づくりに不可欠なのは、何といっても潤いを保つこと。

天然保湿因子(アミノ酸類、尿素など)、角質細胞間脂質(セラミド)、そして皮脂の3つが肌の水分の構成要素。
それらが成分として入った商品で保湿ケアをしっかりおこない、肌の潤いをキープしましょう。

川越の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*