家庭用脱毛器の失敗しない買い方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容に対する意識が高まったせいか、脱毛も昔のような「お金持ちの贅沢」というイメージはなくなりました。
テレビでも盛んに脱毛サロンや医療クリニックのCMが流れ、気楽に脱毛してもらう人が増えています。

また時間的余裕のない人の中には、プロ並の脱毛ができると評判の家庭用脱毛器を購入している方もいます。

「1度脱毛を体験してみたいし、自分も買おうかな」と考えている人もいるかもしれません。ただ、高い商品ですし、その種類も豊富です。失敗しないためにもその特徴や効果、メリット・デメリット、また自分の肌質に合うかどうかについてもしっかり理解しておくべきでしょう。

そこでこのページを作りました。以下、家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その選び方などについて紹介していこうと思います。

そもそも家庭用脱毛器とはどんな器具?

家庭用脱毛器とは?
ムダ毛を手入れするためのツールというのは様々な種類がありますが、それらは大きく2つに分類されます。つまり、カミソリ・電気カミソリ・クリームなど表面の毛だけを処理するものと、毛抜き・ワックス・脱毛テープなど、毛根部分からムダ毛を引き抜くものです。

これらのうち、前者はあくまで除毛であり、「脱毛」とはいえません。そして後者は一応毛根から処理するので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛機能に損傷はないため、すぐに毛は伸びてしまいます。

ムダ毛が数年に渡って(あるいは永久に)生えないようにするには、これまでサロンか医療クリニックで施術を受けるしかありませんでした。

そんな中で発明されたのが家庭用脱毛器です。これは脱毛したい人にとって待ちに待った商品でした。

何しろサロンやクリニックだと、脱毛完了までに数ヶ月から数年は必要です。その間施術に通うわけですから、途中で脱落する人も多いですし、その費用が10万円以上になることもザラです。

それが家庭用脱毛器だと、もっとリーズナブルにプロ並の脱毛ができるのですから、大評判になったのも当然でしょう。

ただ、最も安いものでも2万円はしますから、いざ買うとなったら機種選びには慎重になってしまいます。

以下の情報をしっかり把握して、自分の目的や予算に合致するものを選んで下さい。

買う際に留意すべきポイントは?

留意すべきポイント
家庭用脱毛器は、機種によって効果の大小が明確に出る器具だと言われています。
「値段が安かったから」「デザインがかわいかったから」といった理由で買ってしまうと、後で失望するケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためにはどうしたらいいのか、そのコツを紹介してみます——

使い勝手の良さも大事

家庭用脱毛器の悪い口コミをネットで調べてみると、

「『効果的に脱毛できる』というので買ってみました。でも持つ場所が重すぎて、すぐに手が疲れてしまいます」

「1回の照射範囲が狭いので、足などの広いパーツには手間がかかります」

「動作音が大きすぎます。とても夜中は使えません」

などの感想がありました。このように「使用感がイマイチ」という理由から、せっかく買ったのにいつの間にか使用をやめてしまった、という人もいるようです。

こんな結果を避けるため、あらかじめ照射面積、最大出力レベル、連射機能についてはサイトで確認するようにしましょう。また近所に大型家電店があるなら、商品を色々触ってみて、どれくらいの重さかチェックした方が無難です。

コストパフォーマンスは?

脱毛器購入時のよくあるミスは、格安というので本体を買ったものの、消耗品のコストが予想以上に高く、結局は後悔してしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は2万円台というリーズナブルなものから、10万円以上のハイレベルのものまで色々流通していますが、使うと消耗していくカートリッジの費用を忘れてはいけません。

購入前には、本体価格はもちろん、カートリッジの費用とその交換頻度について、忘れずにチェックしておきましょう。

脱毛効果をしっかり把握する

脱毛サロンと医療クリニックでは各々脱毛方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各商品で異なる方式が用いられています。現在、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式が主流となっていますが、それぞれ得意・不得意があります。

どのパーツを脱毛したいのか、どれだけの効果をあげたいのかは使う人によって違いますから、各方式のメリット・デメリットを把握しておいた方がいいでしょう。

また、「顔やVIOなどの敏感な部位にも使えるか」「1回の使用で手間はどれくらいかかるか」といった細かいポイントも、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つの要素はしっかり留意しておいてください。

家庭用脱毛器の良いところ・悪いところ

良いところ・悪いところ

家庭用脱毛器の良いところ

・店や医院の予約時間に束縛されず、自分の都合の良い時に手入れができる
・交通費をかけて施術場所に行く必要がなく、費用が節約できる
・人にあまり見られたくない部位(VIO、乳首周りなど)もしっかり脱毛できる
・自分の肌に合わせてパワーレベルを調節できるため、照射時の痛みを軽くできる

家庭用脱毛器の悪いところ

・家電としては値段が張り、また高価なカートリッジを買い続ける必要がある
・海外製には出力が強すぎるものがあり、肌トラブルが生じやすい
・サロンや医療クリニックでの脱毛と比べると、効果を感じるのに時間がかかる
・お尻、うなじ、背中など、体の裏側にある部位は処理がしにくい
・切り傷、炎症、火傷などの肌トラブルが起こっても、あくまで自己責任になる

家庭用脱毛器を使った永久脱毛は可能?

永久脱毛は可能?
脱毛原理という点で、ほとんどの家庭用脱毛器はサロンや医療クリニックの器械と同じものです。ただ、家庭用はトラブル回避のために照射出力が抑えられているので、永久脱毛は不可能となっています。

なお、勘違いしている人がいるようですが、サロンでの脱毛は正しくいうと「抑毛」にすぎません。毛根はしばらく弱体化しているだけなので、数年経つと再びムダ毛が生えてきます。

永久脱毛したい人は、レーザー脱毛のできる医療クリニックに行きましょう。

脱毛方式の種類

種類
家庭用脱毛器の脱毛方式をいくつか挙げてみましょう——

フラッシュ式

こちらはサロンと同じ方式で、多くの家庭用脱毛器が採用しています。肌にIPLという特殊なライトを照射すると、表皮の奥にある毛根の発毛機能が熱によって弱体化。
間を置いて継続照射していくと、その部位の毛が生えなくなります。

最大のメリットは照射口が大きく、ワンショットあたりの照射面積が大きいこと。そのためムダ毛処理がスピーディにでき、打ち漏れも少ないので、足などの広い部位を脱毛するには最適といえます。

照射パワーもレーザーライトほどではなく、肌が熱くなりすぎることがありません。痛みもチクリとする程度です。

その代り、脱毛完了までの日数が長いのですが、それでも最初の照射から1年ほどで毛が薄くなり、自己処理が不要になります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックと同じ方式です。肌に照射されたレーザー光がムダ毛のメラニン色素に反応。その結果、毛根が高熱に包まれて毛乳頭などがダメージを受けます。

光はフラッシュ式よりもはるかに狭い範囲に集まるので、効果的な脱毛ができます。硬いムダ毛、あるいは顔の一部や指などを脱毛したい人にピッタリです。

完了までの日数もフラッシュ式より短く、2週間に1回のペースで照射を続ければ、3ヶ月ほどでムダ毛が薄くなってきます。

ただ足、背中といった広い部位のムダ毛を処理する場合、1回の照射にはどうしても時間がかかりますし、打ち漏れの可能性も大きくなります。

また、大きなデメリットとしてあげられるのが、「痛み」です。
ネットでも「痛さは瞬間的だけど、飛び上がりそうになった」「照射直前はつい汗が出る」といった口コミが投稿されていて、思った以上の痛みだと考えた方がいいでしょう。

特に骨に近いスネなどの部位、デリケートゾーン、脇はかなり痛いようなので、パワーを上げすぎないことが肝心です。

また、色の濃い箇所(ホクロ、日焼け、シミ)にはレーザーが反応することもあるので、くれぐれも照射しないようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピンセット状のピッカーと呼ばれる部分でムダ毛を挟み、そこに弱い電流を流すことで脱毛を行います。フラッシュ式やレーザー式と違って強い光を使わないので、額の生え際や眉毛など、目に近い部位のムダ毛を処理できます。

また、光を使う方式だと日焼け肌に生えている毛や白髪は手入れできないのですが、高周波ならこれらの毛にも対処可能です。

ただ、処理は1本ずつになるため、背中や足といった広い部位には向いていません。

なるだけスピーディにムダ毛処理を終えたいという人は、フラッシュ式の方が合っているでしょう。

以上紹介した3つの方式は、すべて毛根組織にダメージを与えて脱毛をおこないます。そしてそれらとはやり方が異なるのですが、やはり「脱毛器」に分類されている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応触れておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線でムダ毛を焼き切ります。
あくまで肌の表面にある毛を処理するだけで、毛根部分は影響を受けません。つまり正確には「除毛」です。

ただ毛先が丸くなるので、カミソリで剃った時のチクチク感がイヤな人には役立つでしょう。

最後に「ローラー式」ですが、ムダ毛をローラーヘッドに絡ませて処理する、という方法を取っています。

方法自体は毛抜と同じですが、広範囲をさっと脱毛できるのが長所です。もちろん毛穴や肌はダメージを受けるので、おすすめはしません。

主だった家庭用脱毛器の価格は?

価格
家庭用脱毛器を買う際に1番気になるのが、その価格です。

公式サイトの記載に基づき、主だった家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

・ノーノーヘア…12,800円

・エピレタ…17,800円

・センスエピX…29,800円

・ラヴィ(lavie)…39,800円

・トリア…54,800円

・ローワン…54,800円

・フィリップス…66,880

・2PSクリスタル…69,800円

・ケノン…69,800円

・ダブルエピ…81,000円

・レイボーテグランデ…108,000円

こうしてまとめてみると、1番安いものは12,800円、そして1番高いものは108,000円で、バラエティに富んでいます。

脱毛方法はほとんどがフラッシュ式ですが、トリアに関してはレーザー式、そしてノーノーヘアはサーミコン式です。

上で言ったように、買う時はカートリッジという消耗品の存在を考える必要があります。本体価格とカートリッジの維持費がどれぐらいになるか、自分であらかじめ把握しておきましょう。その数字を比べることで、本当の値段の差がハッキリします。

たとえば上の商品のうち、特に売れているものについて、そのランニングコストを調べてみると——

・ケノン
1回の照射単価…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
1回の照射単価…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
1回の照射単価…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
1回の照射単価…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「1回の照射単価の差なんて、ほんの少しだ」と高をくくる人がいるかもしれません。しかし脱毛は、一旦やり始めたら2週間ごとに必ず照射を続ける必要があります。
つまり、1回なら少しの費用でも、何回も照射を続けることで予想以上に蓄積されていくのです。

また、チェックする人が意外と少ないのが「照射範囲」です。1回の照射範囲が大きいとそれだけショット数は減少しますから、ランニングコストも安くなります。

トリアなどレーザー式ということで、照射できるのは狭い範囲だけです。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンに比べ、照射面積は半分以下になっています。

広い部位のムダ毛を手入れしたい場合、各商品の1回の照射単価と照射面積がどれくらいなのか、よく調べておきましょう。
その上で、なるべくリーズナブルな商品を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴、選び方のコツ、長所・短所などについて色々と解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で説明したように、家庭用脱毛器はその方式や機種によって用途・効果が異なります。また本体の値段はもちろん、消耗品となるカートリッジのコストをきっちり把握しておくことも重要です。

ぜひ自分に合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*