思い切って顔脱毛をしてみたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「美しさ」という言葉から連想する体の部位は、何といっても”顔”です。

特に女性にとっては何よりも価値のあるパーツ。その見栄えを良くして他人へのアピール度を高めようとするのも当然のことでしょう。

でも毎日ケアをしていると、邪魔だな、と感じてしまうものがあります。

それは頬やフェイスラインに細かく生えている産毛——。

鼻の下にある産毛など、ヒゲに見えるので必ず処理することになりますが、そうやって剃ったり抜いたりしていると色素沈着などが起こりやすくなります。

また、産毛のせいで化粧のノリも悪化しがちで、メイクに凝る女性にとってはとにかく厄介な存在です。

女性の中には悩みを解消するため、思い切って脱毛してもらう方もいます。

かつて、サロンの顔脱毛は料金がお手頃とは言えませんでした。顔は施術の難しい部位とされ、キャンペーンなどでもディスカウントされなかったのです。

ところが最近はちょっとした脱毛ブーム。また色々な技術が開発されたこともあって料金も下がり、手軽に脱毛できるようになっています。

とはいっても、初心者がサロン通いするのは何となくハードルが高いものです。

そこでそんな人向けに、顔脱毛の細かい情報、そしてサロンの選び方について書いてみることにしました。

このページが、産毛で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

現在の脱毛はどうなっているのか?

実際的な情報を紹介する前に、まず現在の脱毛の施術がどのようにおこなわれているか、簡単に記しておきましょう。

かつては脱毛といえば、特殊な電気針(プローブ)で一つ一つの毛根を破壊していく「美容電気脱毛」が主流でした。

これは効果抜群なのですが、何しろ毛穴に針を刺していくわけですからかなりの痛みがあります。
おかげで、世間に「脱毛は痛いもの」というイメージが広まってしまいました。

現在ではこの美容電気脱毛は「時間と手間がかかりすぎる」ということもあって廃れ、レーザー系の光を使った効率的な方法が普及しています。

サロンで1番使われている方式は「IPL脱毛」と呼ばれるもの。施術では肌にインテンスパルスライトと呼ばれる光(フラッシュ)を直接当てます。
このIPLはメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わるので、毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織に大きな損傷を与えてくれます。

もともとIPLはエステで使われていたもので、赤ら顔、ニキビ痕、開いた毛穴、くすみなどの美肌ケアに効果を発揮していました。
脱毛の際もこれらの効能は有効なので、施術の度に肌のコンディションが良くなっていくわけです。

ただ最近は、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式も開発され、施術方法も種類が多くなってきました。

それぞれ特色があるので、自分の気に入ったやり方で脱毛しましょう。

サロンごとに施術できる箇所が違う

顔脱毛の注意点のひとつは、サロンによって施術可能な部位が違う、ということ。

ある店のとったアンケートによれば、利用者が1番脱毛したい部位は、眉間、鼻の下、アゴということですが、これら3つもサロンによって施術できるかできないかが違います。

たとえば、有名サロンを例にとると——

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……目元、頬、鼻下、口周り、顎、フェイスライン

というように、施術可能な部位に制限があります。

ということで、「顔脱毛にも対応」と宣伝などで書かれていても、こちらの望んでいる箇所を施術してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで行ったのに「そこは施術できません」と言われると時間がもったいないので、施術可能箇所について事前に調べておきましょう。

顔脱毛の平均費用はどれくらい?

顔脱毛に関して、最も気になるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータから計算すると、顔脱毛の平均費用は「41,033円」ということです。

この金額が高いか安いかは、施術を受ける女性の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンだけでなく、医療クリニックでもおこなっています。

こちらも平均費用を出してみたところ「131,325円」という額になりました。

つまり、医療クリニックで脱毛してもらうと、サロンの3倍以上の費用がかかってしまうわけです。

さすがに10万円を超えると「ちょっと高い……」と思う人が多いかもしれません。

ただクリニックでの施術にはメリットがあり、ムダ毛がずっと生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンにするかクリニックにするか、迷っている人もいるでしょう。効果と料金をハカリにかけた上で、自分の目的に合致する方を選んで下さい。

「お試しコース」なら初心者にピッタリ

近年は脱毛もちょっとしたブーム状態となり、新規のサロンも急増。全国でチェーン展開しているような有名店も盛んにキャンペーンを打って、新たな顧客獲得にしのぎを削っています。

それらの店の多くが「お試しコース」を設けています。サロンが初めてという人には最適なので、まずはそれらのコースで施術を体験してみましょう。

もちろん、最初から正規のプランを選んでもいいのですが、効果や対応などで不満が出てこないとも限りません。
やはり、まず「お試し」からスタートするべきです。

なお、「お試し」の申し込みは、電話で直接店にするよりもネット経由で行なう方がお得です。特典もありますし、料金もディスカウントされることが多いようです。

まず目星をつけたサロンのサイトへ行き、料金や条件をチェックした上で申し込みましょう。

その後の手順ですが、まず申し込み時に予約した日にサロンへ出かけます。

この時、まずカウンセリングを受けることになります。費用はタダなので安心して下さい。

内容は、料金プランの詳しい説明や脱毛の概要についてなど。ちょうどいい機会ですから、

「脱毛が完了するまでの日数はどれくらい?」
「施術に用いられる機器の方式は?」
「永久脱毛はできるの?」

など、色々と質問してみましょう。

初日はこれだけで終わり。施術は予約した上で後日受けることになります。

施術の時は——

・スタッフの態度は丁寧か?
・痛みがあるとしたらその程度は?
・術後の保湿ケアはしっかりしているか?

などのポイントをチェックしましょう。

これで満足できたら、そのまま正規プランの契約をすればいいですし、不満足ならそのまま終了。後者の場合は他の店を調べ、また「お試し」を受けてみることになります。

上述したようにサロンの数が増えているので、やがて自分に合った店に出会えるはずです。

顔脱毛のオススメは「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛が得意とされているサロンを2つ紹介します。

まず推薦したいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などが出演するCMを見た人も多いでしょう。

キレイモの顔脱毛のメリットは、何といっても施術できる部位が多いこと。他のサロンだと可能部位が少ないので、わざわざキレイモで施術し直す女性もいるようです。

続いてオススメしたいのが、「ジェイエステティック」。

ここで一番お得なのは「フェイス6」というプラン。1回の料金がわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべく安く顔脱毛したい」という人にはもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使っているため、施術で乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンの数が多くて、どの店にしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛についてのいくつかの疑問点や、施術で気をつけるべきポイントを紹介していきましょう。

歯の治療中も施術できるの?

毛は再生力が強いため、脱毛には時間が必要です。サロンに数ヶ月から数年間も通うことになるため、その間に歯の治療を受ける可能性も高くなります。

間を置かずに脱毛と歯の治療を行なう場合など「何か問題があるのでは?」と気になるでしょう。

実際にサロンに訊ねてみたところ、「通常の歯の治療なら別に問題はない」とのこと。

ただ、歯医者で処方された痛み止めに関しては、注意が必要です。

ごくまれに脱毛の施術で「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。
これは光を肌に当てることで、むくみやかゆみ、あるいは水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、この症状を誘発する成分が痛み止めに入っていることがあり、うっかり飲むと施術ができません。

トラブルにならないためにも、痛み止めを摂取したらスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに光により、虫歯の痛みが激しくなることもあります。それが心配な人は口付近の施術は後回しにしてもらいましょう。

また、脱毛と同時期に歯列矯正を行っている場合、光が矯正器具に当たると熱が起こるケースもあります。この場合も口付近の施術はやめた方が無難です。

ただ器具がセラミックやプラスチックでできていれば、施術に問題はありません。

このように色々なケースが考えられるので、必ずサロンの人と相談しながら施術を受けて下さい。

ニキビができていると施術不可?

脱毛の施術は体調に影響を与える場合もあります。そのため、施術については色々な条件が課せられています。

では、ニキビができている場合はどうでしょうか?

調べてみると、ほとんどのサロンで施術は可能です。

というのも、光脱毛器はエステで使われていた美肌用マシンを流用したものなので、肌に悪影響を及ぼすことはないからです。

マシンで照射されるレーザー系のIPLという光は、メラニン色素に反応して高熱に変わり、毛根に損傷を与えます。
ニキビには反応しないので、高熱の心配はありません。

ただ炎症の程度がひどいと、IPLによってさらに症状が進むことがあります。そんな時は、ニキビ付近の施術は避けるようにしましょう。

脱毛することで、シミやそばかすができてしまう?

現在、サロンやクリニックではメラニン色素だけに反応する特殊な光を用いて脱毛を行います。

「肌にそんな光を当てたら、色素沈着が起こるのでは?」と不安を感じる人がいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けは、肌トラブルの主要な原因です。サロンで用いられるIPLという光も強いものなので、紫外線と同様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし何度も述べたように、サロンの脱毛機は美肌ケアのために用いられてきた歴史があります。肌に対してダメージを与えるものではありません。

「でもネットで調べると『顔脱毛のせいでシミができた』っていう口コミが投稿されていたけど?」と反論する人がいるかもしれません。

このことについては、2つの理由があげられます。

まず、肌の奥に潜んでいたシミが、ターンオーバーが進むことで表面に出てきた、というもの。

施術のせいで新陳代謝が促され、奥に隠れていたシミが肌に出てくることは珍しくありません。

ただ、ほとんどのシミはターンオーバーがさらに進むと消えてしまいます。

あと施術の熱によって乾いた肌に傷がつき、それが痕として残ってしまう場合。これをシミだと勘違いする人がいます。

こんな事態にならないためには、施術後のケアが重要です。念を入れて保湿を行いましょう。

ともかく、脱毛によってシミや傷ができるわけではありません。安心して下さい。

サロンに通う時は、スッピンでないとダメ?

初心者にとって、不安に思うことのひとつは、

「施術に出かける時は、化粧してはいけないのか?」

ということ——。

「素顔で外出しても平気」という10代の学生ならともかく、普段からメイクが欠かせない女性にとって、「自宅・職場からサロンまで化粧なしでいろ」というのは結構キツいことです。

結論を先に言っておくと、メイクをしてサロンに出かけても問題ありません。

というのもサロンには専用ブースがあり、そこで化粧を落せるからです。
また店によっては、スタッフがサービスとしてメイクを落としてくれるところもあります。

ただ、いくら専用ブースがあるからといっても、あまりに濃い化粧をしていくと、それをオフするだけで時間がかかります。

普段より化粧は控えめにし、時間の余裕を持って施術してもらいましょう。

以上、顔脱毛の知識や、サロンの選び方について書いてきました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
顔脱毛によって、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*