自己処理のデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kamisori

自己処理での脱毛処理のデメリットですが、まず毛というのは剃れば剃るほど、どんどん伸びてくるということです。
一般的に購入できる女性毛ぞり用カミソリを使って毛を何度もそっていると、まず皮膚が荒れてきます。
そして毛も最初は薄い毛だったものが、どんどん黒い濃い毛に変化してくるのです。

また、毛をそって数日後には短い毛が生えてきますが、その毛がたくましく太い感じを与え、
他の皮膚に当たったり、他の人に接触するとチクチク感を与えてしまうので、不快な気分にさせてしまいます。

カミソリで毛を剃る以上に皮膚にダメージを与えるのは、毛抜きでの処置です。最初に毛抜きで毛を抜いた場合、一瞬きれいに毛が抜けたようにみえます。しかしながら、再度そこから毛が生えて、ひどい場合は、皮膚の表面に近い場所で、毛が丸まってかたまり、そこがニキビのようにふくれてくるのです。それを無理やり表面にだそうして、さらに毛抜きや手で引っ張ってしまうと、だんだんとその部分の皮膚が凹みをおびてきます。また、何度も毛抜きでぬいていると、その箇所の皮膚周辺が黒ずみ、明らかに皮膚には悪い状態が起こっていることが目にみえます。

女性はとにかくスベスベの肌でいたいという気持ちがあり、金銭的な面や脱毛専門ショップへの抵抗などから、自己処理で済ませてしまうケースが多々あるかとは思いますが、確実にそして、安全に綺麗に脱毛したいのなら、自己処理は避けた方がよく、専門である脱毛サロンなどを利用するのが最適な方法だと思います。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*