医療脱毛クリニックをうまく選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「勧誘がしつこくて悪質」
「施術が我慢できないほど痛い」——

以前、脱毛にはそういった芳しくないイメージがつきまといました。しかし、近年は行政の規制強化、そして技術自体の向上もあって、そういう印象は一掃されています。

さらに料金がグッと下がったこともあり、客層は驚くほど広がりました。
有名人が出ているコマーシャルや電車内の広告を見て、「自分も一度脱毛してみるか」と考える人も少なくないでしょう。

脱毛するとなったら、行くところは2つしかありません。脱毛サロンか医療クリニックです。話を聞いた上で契約し、部位次第で数ヶ月から数年、時間をおいて通うことになります。

値段が安いのはサロンですから、そちらと契約する人が以前は多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットも認識されるようになり、どちらを選ぶか迷ってしまう人もいるようです。

そこでこのページを立ち上げました。脱毛にチャレンジしたい人向けに、医療クリニックの利点と難点、施術に用いられる技術、そしてクリニックを選ぶ際のコツなどについて、色々と説明していきたいと思います。

クリニックではどのような施術がおこなわれるのか?

どのような施術なの?
上で述べた通り、脱毛しようと思ったら、サロンか医療クリニックのどちらかに出かける必要があります。
専用マシンで施術をする点は両方とも同じなのですが、もちろん違うところもたくさんあります。

では医療クリニックには、どんな特徴があるのでしょうか?

1)施術にレーザー光線を使う

医療クリニックの第1の特徴は、施術にレーザー光線を使う、という点です。

このレーザーを用いる脱毛技術は、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンの論文「選択的光熱凝固理論」を応用したもので、古代オリエントが起源とされる脱毛の歴史に大革命を起こしました。

それまでの脱毛は「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)と呼ばれるものが中心でした。これは特製の電気針(プローブ)を使う方法で、逆さまつ毛の治療のために1875年のアメリカで眼科医チャールズ・E・ミッチェルが考案。毛穴にプローブを挿入し、微弱な電気を通して発毛を止めます。

この方法は効果は優れていますが、なにしろ手作業で毛穴にプローブを差し入れていくために時間と手間が要り、それだけ料金も割高になってしまいます。
しかも痛みが尋常ではなく、施術時には相当な忍耐を強いられます。

この状況に変革をもたらしたのが、レーザー脱毛の発明でした。

その名前の通り、レーザー脱毛はレーザー光線を用いてムダ毛を手入れする脱毛方法。レーザー光は単一の波長を持った光子の集まり、つまり単色光です。
普通の光のように広がっていかず、まっすぐ同じ方向に進みます。

さらに大事な特徴は、波長によって特定の色だけに反応する、という点。レーザー光線が反応すると熱エネルギーに変化するため、照射によって色のついた物質に大きなダメージを与えることができます。

脱毛の施術では、毛に含有される黒いメラニン色素に反応するよう、媒質や光学素子を通して波長を700nmから1000nmに調節します。
ムダ毛に照射されたレーザー光線は、毛のメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化。毛の温度は65度〜70度まで上昇します。

やがてその高熱が毛包全体に広がり、発毛を促進する組織である毛乳頭や毛母細胞を死滅させ、毛の成長を防ぐのです。

この脱毛方法の長所は、あくまでメラニン色素だけが破壊の対象となり、表皮などの組織に損傷を及ぼさないという点です。 施術はレーザー光線を照射するだけで、非常にスピーディー。ニードル脱毛のような手間は必要ありません。

開発当時は照射できるレーザー光線は1種類だけでしたが、今はダイオード、アレキサンドライト、YAGなど波長の違うレーザーがそろっており、施術箇所や毛の性質に応じて選ぶことができます。

2)永久脱毛に対応

脱毛についてはまだまだ一般に知識が浸透しておらず、「脱毛の施術を1回受けると、その箇所のムダ毛は死ぬまで生えてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛球部分はたいへん丈夫な組織で、軽い損傷を受けても短期間でその機能はよみがえります。1度光を当てたくらいではダメージもさほどではなく、さらに毛には毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルがあるため、それに合わせて施術を続ける必要があります。そうやって定期的に照射していくうちにムダ毛が薄くなり、その部位がツルツルとなります。

サロンの施術でも医療クリニック同様、毛根に働きかける光線を使いますが、その威力が抑えられているために、毛母細胞はあくまで一時的に弱体化するだけです。数年も経てば発毛機能は回復し、ムダ毛が再び成長してしまいます。

その点、医療クリニックではパワー抜群のレーザー光線を使うため、毛母細胞が完璧に死滅する可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)レーザー脱毛ができるのは医師だけ

上で解説した通り、サロンの脱毛方法は毛根に働きかけるものではありますが、レーザー脱毛とは異なります。サロンのマシンから照射される光とレーザー光線を比較すると、威力の点で銃弾と砲弾ほどの違いがあります。「事故が起こることはまずない」とされているので、サロンではスタッフに特別な資格はいりません。

ところがレーザーの場合、体組織の一部を死滅させる力を秘めていますから、操作をあやまると重篤なケガにつながりかねません。そのためマシンを操作するのは、万一の時にトラブルに対応できる医師に限られています。
もちろん、応急処置が可能な器具や設備もそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の良いところと悪いところ

良いところと悪いところ

良いところ

・医師が施術をおこなうので、安全面で信頼性が高い
・脱毛効果が抜群で、毛深くても部位をツルツルにできる
・サロンよりも施術回数が少なく、完了までの期間も短い

悪いところ

・お得なキャンペーンが多いサロンより、料金が段違いに高い
・施術時の痛みがパーツによってはかなり強く、施術がイヤになる
・レーザー光の威力が強すぎて、毛膿炎や炎症が生じることがある

医療クリニックとサロンの違いとは?

医療クリニックとサロンの違い
上の項目でも少しだけクリニックと脱毛サロンの差に触れましたが、ここでさらにいくつかの相違点を述べておきます——

費用

脱毛サロンはいつも女性雑誌に目立つ広告を出していますが、そこには必ず「格安キャンペーン」「期間限定」などと大きく書かれています。これでも分かるように、サロンの重要なセールスポイントが施術料の安さです。

一方、医療脱毛クリニックの場合、医療機関という事情もあって料金がディスカウントされることはほとんどありません。

ここで、脱毛完了までどれほどお金がかかるのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的な料金を書き出してみましょう。

最初に脱毛サロンから。全国に店舗を設けている大手サロン20社の公式サイトから、施術箇所別の平均施術料を出してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円

という結果になりました。

続いて医療クリニックです。こちらはネットでよく目にする20院の平均施術料を計算しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円

これでよく分かるように、脱毛サロンより医療クリニックの方が施術料が高めです。特にその差が大きいのが顔脱毛で、クリニックの費用は脱毛サロンの3倍以上になっています。

効果

上で書いたように、施術方法においてサロンと医療クリニックでは差があるため、効果にも違いが出てきます。

サロンで現在採用されている脱毛方法は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンの脱毛方法の代名詞といえるもので、店舗によってはフラッシュ脱毛、光脱毛とも呼んでいます。照射口が広くて処理面積が広いため、背中、脚などの部位も素早く施術できます。しかも光のパワーは抑え気味ということで、痛みも軽微ですむのが特徴。

他の方法も各々メリットがあるのですが、いずれにしてもサロンの脱毛というのは原則的に「抑毛」「減毛」です。施術後は肌がツルツルになりますが、無毛状態はせいぜい数年しか保てません。

一方、医療クリニックではレーザー光線を用います。

レーザー光線には媒質によって、アレキサンドライト、ダイオード、YAGなどがありますが、いずれもサロンのライトとは段違いの威力を秘めています。

確実に施術部位を処理したいのなら、やはりクリニックでレーザーによる施術を受けるべきです。

保証

保証に関しては、医療クリニックと脱毛サロンには大きな差はない、と言い切っていいでしょう。

いつまでも心ゆくまで施術を続けられる「永久保証」、一定の日数だけ有効期限を延ばせる「期間保証」、未使用の前金を中途解約時に払い戻してくれる「返金保証」などは、サロンにもクリニックにもあります。

ただ条件・種類等については、クリニックによって色々と差がありますから、公式サイトであらかじめチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いで、案外指摘されないのが支店(支院)の数です。

「それって大事なの?」と思われるかもしれませんが、施術は毛の成長段階に合わせておこなうため、どうしても完了までに長い日数がかかります。つまり狭い部位でも数ヶ月、さらに手間のかかるコースになると、数年間は施術場所に通わなければなりません。

そうなるとその期間中に生活環境が激変するケースも出てきます。引っ越し・転勤がその典型ですが、移った先に契約していたクリニックの支院がないため、せっかく前払いした施術料がムダになってしまうことがあります。

部分脱毛なら数万円程度ですむでしょうが、全身脱毛のコースになると、前払金が20万を越える場合も少なくありません。引っ越しによってそれがムダになるのは避けたいことです。

大手サロンなどは全国津々浦々にたくさんの店舗があり、引っ越し後も契約を活かせる可能性が高くなります。
ところがクリニックだと規模の小さいところも多く、転居先に支院がないことも多いようです。

そんな状況を考えれば、転勤・引っ越しが多いという人は、全国の都市に店舗のある有名サロンと契約した方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びで、留意すべき点は?

注意すべき点は?

施術料はいくらか?

クリニックで施術を受けたい、と考えた時、真っ先にチェックしたくなるのはやはりその費用です。

上述の通り、医療クリニックはサロンよりお金がかかるのが普通ですが、たとえばコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなりお安くなっています。両脇など、6回の施術料がわずか1,000円しかかかりません。

ほかにも部位によって格安な設定にしているクリニックがあるので、ぜひサイトなどで確認してみて下さい。

痛み軽減への努力は?

レーザー脱毛の大きな欠点が施術時の痛みです。最近ではそれに対処しようと、特別なマシンを導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では部位を冷やしながら脱毛する「ジェントルレーズプロ」を使っています。しかも麻酔代も無料。痛みがとにかくイヤ、という人には最適でしょう。

どれだけの支院があるか?

全国に支院がどれだけあるか、というのも見逃せない情報です。

それだけ顧客が多い、ということで安心ができますし、予約もかなり取りやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国にチェーン展開していて、転居後もそれまでの契約を活かせる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについて、色々と細かい情報を書いてみました。いかがだったでしょうか。

「施術時の痛みが強い」「料金が高い」などの理由でクリニックを敬遠する人も多いかと思います。
しかし効果を何よりも重んじる人にとっては、クリニックのレーザー脱毛は魅力的です。

どうかこのページを参考に、自分にあった医療脱毛クリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*