脱毛コラム

見逃しやすい背中のムダ毛をサロンやクリニックで脱毛しよう

自分をキレイにしようと熱心に美容に取り組んでいる女性も多いでしょう。美しさをキープするために日夜欠かせないのが肌のお手入れです。陽光の強い屋外に行く前は必ず日焼け止めを塗り、朝と夜はクリームを使って保湿に努める……。
肌の管理は怠けるとてきめんにシミやくすみにあらわれるため、毎日毎日手が抜けません。

しかし、全身の肌の手入れを抜かりなくやっている人でも、つい忘れてしまう部位があります。

それが「背中」です。

背中というのは自分の目で確かめるのが難しいだけに、その状態を毎日チェックすることができません。やはり目に入らないものには注意が行き届かないため、どうしても手入れを放置してしまいます。

特に厄介なのはムダ毛の存在です。手入れをしないで放って置くと、知らないうちにムダ毛が背中一面をおおっていて、改めて確認した時にビックリすることになります。

そうなっても「背中はいつも服で隠れているから、別に放置しても構わない」という女性もいるかもしれません。

ただそんな人でも、もし結婚式をあげるとしたら話が別です。一世一代の晴れの舞台ですから、精一杯美しく着飾りたいでしょう。背中がむき出しのドレスを身につけるかもしれません。

結婚式の準備に入った時に背中のコンディションが良くないことがわかったら、大慌てでムダ毛やニキビのケアをすることになります。しかしそうなると、時間が足りないため、ケアも中途半端になりがちです。

肌の状態が万全でないために、好きなデザインのドレスをあきらめるのでは、せっかくの結婚式に悔いが残ることになります。そんなことにならないためにも、日頃から背中のケアをしておくことが重要。

ただ背中のムダ毛を自分で処理したりするのは大変なので、どうしても熟練したプロのいるサロンやクリニックで脱毛をお願いすることになります。

最近は脱毛もすっかりポピュラーになり、施術してもらう女性も急激に増えています。有名タレントを起用した電車内の広告やテレビのコマーシャルのせいで、脱毛にまったく関心のない人でも、いくつかのサロンやクリニックの名前は知っているくらいです。

そうはいっても、いざ店や医院に出かけるとなると、二の足を踏む女性も多いでしょう。あるネット上のアンケートによれば、「1度脱毛してみたい」と思うものの、勝手がわからないせいで施術へ踏み切れない、という人が相当いるようです。

そこでこのサイトを立ち上げてみました。
背中脱毛の費用、現行の施術方法、脱毛で得られるメリットなど、色々な事柄を初心者向けに紹介していこうと思います。

まず知っておきたい背中脱毛の料金相場

脱毛しようかどうか考えている時、まずチェックするのはその料金でしょう。

サロンとクリニックとでは脱毛が終わるまでの回数、そして施術方式にも違いがあるため、それぞれの料金も違ってきます。

・脱毛サロンの場合

たいていの脱毛サロンでは、パーツ別の施術の項目に「背中上部」と「背中下部」があり、それぞれ1回ごとの施術が5,000円程度となっています。つまり背中全体を施術する時は、合計で約10,000円と考えていいでしょう(もちろん店舗や施術の内容によって、価格には違いがあります)。

なお脱毛というのは1回や2回では効果がありません。ツルツルの状態を維持するにはある程度施術を続ける必要があります。

脱毛サロンで背中脱毛を受ける場合、個人差はありますが、減毛程度に抑えるには6〜11回くらい、完璧にツルツルにするには12回以上施術に通う必要があります。

つまり、最大で120,000円ほどです。

ただし、サロンではよく値引きキャンペーンをおこなっているので、それよりはもっと安くで背中脱毛ができることも多くなっています。

あくまで120,000円というのは目安だと考え、無料カウンセリングの際などにスタッフと相談し、最適なプランを選ぶようにしましょう。

・医療脱毛クリニックの場合

クリニックでの背中脱毛は、だいたい1回15,000円が相場です。背中の上下がセットになっていて、これに「えりあし」もつけられるところもあります。

施術回数に関しては、サロンよりもはるかに少なくてすみます。もちろん個人差はありますが、早い人なら4回から5回で自己処理の頻度が相当減ります。しっかりツルツルにしたい時は、8回コースを選択するのがいいでしょう。

ということで、クリニックでの料金相場は、15,000円×8回で、約120,000円となります(つまりサロンと同じ)。

ただクリニックの場合、導入されている機械や施術内容によって料金にかなり差がありますから、各医院の公式サイトなどで料金表を丁寧にチェックすることが肝心です。

これまでの情報をまとめると、

・脱毛サロンの場合

1回……10,000円/脱毛完了(12回)……120,000円

・医療クリニックの場合

1回……15,000円/脱毛完了(8回)……120,000円

というのが相場となるようです。

背中は施術しても効果があがりにくい?

実は背中は、脱毛するのが大変な部位とされています。それは背中のムダ毛が、他の部位に比べて色が薄いからです。

「なぜ色が薄いと脱毛するのが大変なの?」と思われるでしょうが、それは現行の脱毛方式と深い関わりがあります。

以下、サロンとクリニックで使われている機器の紹介をしながら、その理由を説明していきます。

現在、サロンで最も普及しているのは、IPL脱毛という方式のマシンです。

このマシンは、IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系の光を肌に照射して、毛根の発毛を阻害します。もともとは脱毛用ではなく、「フォトフェイシャル」(シミ、くすみなどをケアする)用にエステで使われてきたものです。

しかし、「フォトフェイシャルを続けるうちに毛が薄くなった」という顧客が多いため、改めて検証実験をおこなってみたところ、毛根部位を弱体化する働きが分かりました。以後、脱毛サロンで施術用に使われることになったのです。

IPLの大きな長所は、複数波長を持つ混合光であること。そのせいで肌へのダメージを気にすることなく広範囲に照射できます。
脚、背中などには最適で、施術が短い時間で終わるために料金も抑えられます。

ただ、もともと肌ケア用に開発されただけに、毛根に損傷を及ぼすパワーはそれほど強くはありません。

一方医療クリニックでもっぱら使われているのは、「レーザー脱毛」のマシンです。これは各種のレーザー光を肌にあてて脱毛効果をあげます。

実はIPL脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、脱毛の仕組みそのものはそれほど変わりません。マシンから出る光線はいずれも、メラニン色素の黒い色にぶつかると発熱する特徴を持っています。

肌に照射すると、そこに生えたムダ毛のメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化し、やがてその熱は毛根へと集まります。高熱に包まれることで毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった組織がダメージを受け、発毛機能に影響が出ます。

ただ仕組みが同一だといっても、照射パワーに関しては相当な相違があります。レーザー光のパワーはすさまじく、発毛部位は徹底的に破壊されます。そうなるとムダ毛はもう成長せず、その部位は一生無毛のままです(これがいわゆる「永久脱毛」といわれるものです)。

「じゃあ、そんな威力を持つレーザー光なら、背中脱毛でも効果が発揮できるのでは?」と思われるでしょうが、そう安直にはいきません。

というのも、背中の色の薄い毛には黒いメラニン色素がごくわずかしか含有されておらず、レーザー光をあてても肝心の発熱が起こりにくいからです。

「では、背中の色の薄い毛に対して脱毛効果をあげられる方法はなにかないの?」ということになりますが、それは以下の章で説明していきます。

背中の薄い毛にも脱毛効果が発揮できる方法は?

背中の色の薄い毛を効果的に脱毛する方法には、以下のようなものがあります——

・S.S.C.方式の脱毛機を用いる
・ダイオードレーザーで施術する
・美容電気脱毛をおこなっているクリニックへ行く

これら3つについて、順番に説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これはミュゼ、脱毛ラボなどの有名サロンが採用しています。S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」という意味です。

上で紹介したIPL方式との違いは、光線だけでなく専用ジェルを用いること。IPLでも連射する時はジェルを塗ることもありますが、このS.S.C.方式のジェルはそれとは違うオリジナルのものです。

この専用ジェルには「フィリニーブ」と呼ばれる独自配合成分が入っています。ここにはいくつもの天然由来成分(サルチル酸、尿素、セイヨウシロヤナギのエキスなど)が含まれており、これらが毛穴から毛根に入り、ムダ毛の成長を妨げます。

上のセクションで説明したように、IPL脱毛では背中の薄い毛にはあまり効果がありません。しかし、光線とジェルを併用するS.S.C.方式なら、メラニン色素とは関係なく施術できるので、背中の毛にも効果が期待できます。

次に、ダイオードレーザーを使った施術です。

医療クリニックではレーザー光を肌に照射して施術していますが、使用されるレーザーには——

・ヤグレーザー
・ダイオードレーザー
・アレキサンドライトレーザー

の3つがあります。

これらはそれぞれ独自の特徴を備えているのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高いパワーで光を出せる点が大きなメリットとなっています。

レーザー光では「パルス持続時間」というものが基準のひとつですが、ダイオードレーザーの数値は3/1000秒と大変短く、このことで脱毛効果をパワーアップできるのです。

ダイオードレーザーのマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2種類があります。どちらかを採用しているクリニックを選べばいいでしょう。

最後に美容電気脱毛です。昔から重用されてきた方法で、レーザー系の光を用いた脱毛がポピュラーになる前は、これが施術の主流でした。

「プローブ」(別名「絶縁針」)という針をひとつひとつの毛穴に突き刺し、電気によって発毛機能に大きなダメージを与えるため、「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」とも呼ばれています。

特殊な針と電気を使って毛根に直接損傷を及ぼすので、脱毛効果は他の方法より優れています。

これならメラニン色素の有無は効果に影響がないため、背中は完全な無毛状態になります。

ただ毛穴ではあっても、肌に針を刺して電気を通すわけですから、痛みは相当強くなります。痛みが苦手な人にとっては、施術はツラいでしょう。

また、手作業でひとつひとつの毛穴を処理していくので、脱毛完了までにかなりの時間が必要ですし、料金もとてもリーズナブルとは言えません。それらのデメリットを心得た上でこの方式を選べば、他の方法よりも優れた脱毛効果が得られます。

以上、3つの方法について解説しました。

このうち、1番実行しやすいのがS.S.C.方式です。どれを選べばいいか分からないという人は、とりあえずS.S.C.方式に決めるのがいいかもしれません。完璧なツルツルにはならなかったとしても、毛を減らす効果だけは確実です。

ただ「背中を完全に無毛状態にしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛がいいでしょう。

背中脱毛についてのQ&A

背中脱毛に関して気になる点をQ&A形式でまとめてみました。

Q.脱毛すると背中ニキビが完治するって聞いたけど?

脱毛によって背中の肌がツルツルになると、確かにしつこかったニキビが完治したりするようです。

これは、ムダ毛がなくなることで毛穴が閉じ、炎症、皮脂の詰まりといった肌トラブルが少なくなるためです。

ただ、施術直後は肌のケアに注意しなければなりません。施術で皮膚が乾き、皮脂の分泌が多くなります。

そうなるとニキビも生じやすいので、化粧水やクリームで肌に潤いを与えましょう。

Q.施術のせいで硬毛化が起こる?

硬毛化というのは、元来は細い毛が、何かの刺激で太い剛毛になってしまうこと。施術の際に毛乳頭に加わる熱がその原因では?とも言われていますが、まだ科学的な解明はなされていません。

確かに脱毛で硬毛化が起こることはありますが、施術を継続すれば他の毛と同様に脱毛できるので、心配する必要はありません。

以上、背中脱毛に関するビギナー向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

7月8月になるとプールや海に出かけることもあって、背中を人の目にさらす機会が増えてきます。
手入れの難しいムダ毛を脱毛してもらい、その肌の状態を整えておきましょう。

「VIO脱毛ってどういうもの?」という女性へ

夏は長期の休暇が取れることもあって、レジャーや旅行を謳歌する人が増えます。
暑い季節にしかできない大胆な服装を楽しむ女性も多いでしょう。

特に10代20代の女の子にとっては、自信のあるスタイルを周囲に見せつけるチャンスです。そのことで男性たちの目を惹きつけ、素敵な彼氏をゲットすることもできます。

ただ、みずみずしい肌を見せびらかすのはいいのですが、肌に生えているムダ毛には注意する必要があります。

きっちりと処理していないと見栄えが悪いですし、視線を向けた男性からも「露出しているくせにだらしがない」と思われがち。

ただ自己処理は「面倒くさい」という女性も多いでしょう。そんな人にとってありがたいのが、熟練したプロの手でムダ毛を脱毛できるサロンやクリニック。雑誌の広告やテレビのCMなどで、盛んに宣伝が打たれています。

実は脱毛がこれほど一般化したのは近年のこと。以前は「ニードル脱毛」(毛穴に針を突き刺して毛根を焼き切る)という方法を取っていたこともあり、非常に手間がかかっていました。しかも痛みも相当激烈なので、あくまで中年女性が若作りのために受けるもの、というイメージがあったのです。

しかし最近ではレーザー技術を適用したスピーディな脱毛マシンが考案され、脱毛する人も急激に増加。さらに初心者をターゲットにしたキャンペーンも盛んに実施されています。

また、脱毛可能なパーツも多くなりました。以前は施術箇所といえばワキや足が中心だったのですが、現在では腕、顔のほかに、「VIO」という新たな部分が注目を浴びています。

これを聞いて「え、VIOってどこのパーツ?」と不思議に思う人もいるでしょう。
確かに脱毛人口は拡大しましたが、まだまだサロンや専門クリニックとは縁のない人も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げました。VIO脱毛についての基本的な情報を紹介し、あわせてサロンやクリニックで導入されている脱毛方法も解説してみることにしました。

「VIO」って体のどこを指すの?

「VIO」というとコンピューター関係の専門用語かと思う人がいるかもしれませんが、もちろんそうではありません。実は美容業界で「デリケートゾーン」と呼ばれるパーツ、女性の性器付近からお尻の辺りのことです。

V、I、Oは、それぞれ説明すると——

Vライン……股間の三角形の部分。「ビキニライン」とも呼ばれる。
Iライン……女性器の両脇の帯状の部分。
Oライン……肛門を中心にした半径2センチほどの丸い部分。「ヒップ奥」の別名も。

となります。

つまり、VIOというのはそれぞれの部位とアルファベットの形が似ていることからつけられたもの。別に何かの単語の略号というわけではありません。

ということで、要するに「VIO脱毛」はアンダーヘアの脱毛のことです。

「VIO脱毛」とまとめていいますが、サロンやクリニックでは3つ別々に脱毛ができます。

そして3ラインすべてをツルツルにしてしまう脱毛には「ハイジニーナ」という別称がついています。

最初、日本にVIO脱毛に関するニュースが伝えられた時、その名前は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(サロンや医療クリニックの中には公式サイトの中で「ハイジニーナ脱毛対応」と記してあるところがありますが、これは事実上VIO脱毛のことです)。

その時は海外のモデルや女優が実践している風変わりな美容法というイメージがあったのですが、いまでは日本のサロンや医療クリニックでもすっかりポピュラーなプランとなっています。

実際、「施術したいパーツ」のアンケートでは第2位です(第1位はワキ)。

VIO脱毛のメリットってどんなこと?

いくら人気があるといっても「デリケートゾーンをツルツルにして一体どんな得があるの?」と不思議に感じる人も少なくないでしょう。

実はVIO脱毛には、以下のような数々のメリットがあります。

1.デリケートゾーンに繁殖しがちな雑菌が防げる

男性の股間と違って、女性器というのは肉が折り畳まれるように重なっています。さらに他の部位よりも太くて縮れた剛毛が密集して伸びているため、どうしても風通しが悪くジトジトしています。

そのせいで薄い下着を履いていても雑菌が増え、ニオイ、かゆみといった不快な症状が起こりがち。

とりわけ女性器の両側のIラインは、生理の時は経血などが付着してしまい、どうしても非衛生的になります。

VIO脱毛をすればそんな状態も解消されます。
無毛ならば雑菌が繁殖しずらいので、デリケートゾーンは常に清潔になるでしょう。

2.自己処理が不要になる

デリケートゾーンというのはワキと同じように太く濃い剛毛が生えていますが、それなのに他の部位より肌自体は薄くなっています。そのため、市販の道具で毛を処理するのがやりにくいものです。

また、自己処理そのものもオススメできる行為ではありません。どうしても肌に負担をかけ、肌の状態を悪化させます。
特にカミソリは、ブツブツの埋没毛を引き起こすことが多いのです。

それに菌が毛穴の傷ついた部分に入ると、毛嚢炎になる可能性も高まります。

これらの肌トラブルのリスクを減らすためにも、VIO脱毛することには意義があります。

3.大胆な下着や水着を身につけられる

肌を大胆に露出した水着や下着をきたいと思ったら、必ず股間のヘアを処理しないといけません。

でも上で記したように自己処理というのは肌に負担をかけがち。
せっかくツルツルの状態にしているのに、肌に色素沈着などが残ると本末転倒です。

サロンやクリニックで脱毛すれば、そんな自己処理が不要に。肌についても自信が生まれ、お望みの下着を身につけることができます。

Vラインにはデザインが色々ある

Vラインは、サロンやクリニックでのアンケートでも、毎回必ず施術希望部位の上位にランクインする人気パーツ。やはり処理しないと、水着や下着からヘアーがはみ出してしまうからでしょう。

外国ではハイジニーナに抵抗が少ないので、Vラインも完全なツルツル状態にする女性がかなりいます。
しかし、日本ではやはり脱毛の事実を他の人に知られたくないのか、ほとんどの女性が一部を残す方を選ぶようです。

その時問題となるのが、「残ったヘアーをどんなデザインにするか」ということ。

サロンやクリニックでは、以下に示すように何通りかの定番デザインを用意しています——

・逆三角形

たいへん自然で抵抗のないデザインなので、選ぶ人が1番多くなっています。
「脱毛したことを気づかれたくない」と思う人は、これにするのがベストです。

・オーバル型

オーバルは英語で「楕円」のこと。自然さはそれほどではありませんが、角が丸まっていて可愛さをアピールできます。

・Iライン型

帯のような形にヘアを残します。大胆で露出の多い水着を楽しみたいという女性にはピッタリ。縦の線が強調されることで、「足が長く見える」という長所もあります。

・Uライン型

「逆三角形」の角を刈り込んだデザインで、やはり自然に見えるために選ぶ人が多くなっています。

・スクエア型

「Iラインよりもヘアを残したい」という女性がよくチョイスしています。ただやはり自然さには欠けるので、「好きじゃない」という人が多いかもしれません。

ちなみにVライン脱毛を医療クリニックでおこなう人は、デザインを選ぶ際、くれぐれも慎重にして下さい。

クリニックはいわゆる永久脱毛のため、ヘアーを一度脱毛してしまうとVラインの形は一生変わりません。特殊なデザインだと後で悩む可能性もあるので、よく考慮の上で選びましょう。

Oライン脱毛をするとどんなメリットが?

Vライン、IラインはVIO3つの中でもポピュラリティがあります。大胆で露出高めの水着や下着を楽しむなら、これらのヘアーはどうしても処理する必要があるからでしょう。

ところがOラインについては脱毛する女性が少ないようです。

でもOラインを脱毛すれば肛門付近も常に清潔になり、ニオイも軽減されます。

また、セックスの際も体位によっては相手の視界にOラインが入ることもありますから、脱毛しておけば安心です。

サロンやクリニックでの施術では、備え付けの紙パンツに履き替えます。それをスタッフがうまくずらしつつ、施術していくわけです。

施術時の体勢は「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかになります。恥ずかしさがマシなのは後者なので、スタッフに「うつ伏せ」とリクエストしましょう。

最初はさすがに恥ずかしいでしょうが、何度も施術するうちに平気になります。

所要時間はほんの10〜15分。
これだけで不潔な状態が改善されるのですから、ぜひOライン脱毛にチャレンジしましょう。

サロンとクリニックの差とは?

VIO脱毛を受けるなら、サロンか医療クリニックに出かけることになります。

2つの違いはどこにあるのかというと、主に施術方式です。

サロンが施術のために使っているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)のマシン。

「IPL」(intense pulsed light)というのはレーザー系のライトで、紫外線をカットしてあります。

肌に当てると、毛に含まれるメラニン色素に反応。熱エネルギーに変わって、毛根にある発毛組織に損傷を与えます。そのことで新たな毛が伸びるのを防ぐわけです。

一方、医療クリニックではレーザー光で施術します。

原理自体はIPLと同じ。やはりメラニン色素で熱に変わり、発毛組織を破壊します。

IPLとレーザー光の差はパルス幅と波長ですが、パワーが強いのは後者です。数回の照射で毛根すべてが破壊され、体質によっては無毛状態が半永久的に続きます。
この「永久脱毛」は医療行為とされ、医師免許を取得したスタッフが脱毛をおこないます。

このようにレーザー光の脱毛効果は抜群ですが、「痛みが強い」というところが欠点です。

一方、IPLはレーザーほど痛みはひどくはありません。ただ威力が弱いだけに、施術日数と照射回数が多くなってしまいます。

またIPLだと毛根はただ弱まるだけなので、脱毛完了から日数が経つと毛が再生する確率が高くなります。

「多少の痛みなら耐えられる」という人なら、レーザー脱毛の方が効果が長持ちしてお得でしょう。

VIO脱毛の費用は?

VIO脱毛しようと思った時、まず知りたくなるのはその料金でしょう。

ここではいくつかの場合に分けてその費用を紹介してみます(なお、以下のものは「VIOをすべて脱毛するプラン」です。バラバラに脱毛する場合は施術料も違います)。

まず、サロンで施術する場合、有名店舗の施術料は次のようになっています——

減毛程度に抑えるだけ

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回は8,640円)

完璧にツルツルにしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回は9,180円)

続いてクリニックで施術する場合。有名クリニックの施術料は以下の通り——

減毛程度に抑えるだけ

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回は18,540円)

完璧にツルツルにしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8回と9回のプランがありません)

チェックしていくと、サロンは回数が多くて施術料も高く、医療クリニックの方がお得になっています。特に湘南美容外科のリーズナブルな料金が目を引きます。

VIO脱毛をしてもらうなら、湘南美容外科が料金の点でおすすめです。

以上、VIO脱毛の初心者向けの情報を解説してみました。いかがだったでしょうか?

もし「アンダーヘアーをずっと自己処理している」という女性がいたら、1度プロの手で施術してもらうことをオススメします。上に記したように自己処理は肌に負担をかけ、コンディションを悪くします。

脱毛でデリケートゾーンは衛生的になり、美しさもアップするでしょう。

足脱毛に興味があるけど、ハードルが高くて……

足は女性的なセックスアピールという点で最も魅力に富んだ部位です。
少しでも自信のある人は少々寒い日でもミニスカートをはいたりして、街を行く人々の目を引きつけようとするでしょう。

ただ露出度の高いファッションをするのはいいのですが、フェミニンな足にそぐわないのがその肌に生えているムダ毛です。

しっかりと処理をしていないと、あえて見せびらかしているだけに「だらしがない」と蔑んだ目を向けられてしまいます。

そんなハメにならないために定期的にムダ毛処理することが欠かせないのですが、足は体の半分を占める部位だけに、月に二回くらい自己処理するだけでも相当面倒です。

おまけに毛抜きやカミソリ、あるいは除毛クリームなどの市販の処理製品は肌へ大きな負担をかけ、せっかくの美しい足に色素沈着などを起こす危険性があります。

美しくするために自己処理しているのに、肌に損傷を与えては本末転倒です。

「厄介なトラブルばかりの自己処理をやめて、医療クリニックやサロンで脱毛したい……」

そういう気持ちになる女性も少なくないでしょう。

でも初心者にとって、サロンやクリニックにわざわざ出かけて契約を交わす、というのは、なかなかハードルが高い行為です。

「施術にはどれくらいの期間通わなければならないの?」
「何回くらい施術すれば脱毛完了になるの?」
「痛みが激しいってよく聞くけど、それは本当?」
「全部ひっくるめて料金はどれぐらい?」

これらの疑問に答えが見いだせないために結局は脱毛に踏み出せず、肌に良くないと分かっていながら相変わらず自己処理を続けている、という女性も結構います。

そこで、足脱毛の料金はもちろん、リーズナブルなサロンとクリニック、脱毛完了までの回数と期間、そして施術に関する疑問などについて解説し、初心者の不安を一掃してみることにしました。

このページが、足脱毛をしようか迷っている女性の助けになれば幸いです。

色々な脱毛サロンと医療クリニックの料金

上で述べたように足は体の半分を占める面積の広いパーツです。そのため、サロンや医療クリニックにおいては、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった細かい部位について個別に脱毛が可能です(もちろん、足全体をターゲットにしたプランもあります)。

それらの施術料は各サロン・各医療クリニックでかなりの違いがあるので、値段をリーズナブルに上げたかったら各ホームページなどを調べ、その数字をていねいに比較検討することが大事です。

参考のために、料金が安上がりなサロンやクリニックの一覧をあげてみましょう。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……(6回で)18,000円
・ひざ下……(6回で)18,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回で)12,000円
・足全体……(8回で)48,000円(ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……(8回で)42,000円
・ひざ下……(8回で)42,000円
・ひざ……(8回で)21,000円
・足の甲・指……(8回で)21,000円
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……(8回で)31,200円
・ひざ下……(8回で)31,200円
・ひざ……(8回で)14,400円
・足の甲・指……(8回で)14,400円
・足全体……(8回で)91,200円

脱毛ラボ

・ひざ上……(8回で)47,840円
・ひざ下……(8回で)31,840円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回で)15,840円
・足全体……(8回で)95,520円

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……(5回で)55,000円
・ひざ下……(5回で)41,250円
・ひざ……(5回で)13,750円
・足の甲・指……(5回で)13,750円
・足全体……(5回で)92,900円

リゼクリニック

・ひざ上……(5回で)79,800円
・ひざ下……(5回で)89,800円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回で)19,800円
・足全体……(5回で)119,800円

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……(6回で)81,000円
・ひざ下……(6回で)81,000円
・ひざ……(6回で)28,750円
・足の甲・指……(6回で)28,750円
・足全体……(6回で)219,500円

KM新宿クリニック

・ひざ上……(5回で)60,000円
・ひざ下……(5回で)60,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回で)20,000円
・足全体……(5回で)100,000円

となっています。

サロンの中で1番値段が安上がりなのは、ミュゼです。
ひざ上・ひざ下をあわせても6回で36,000円ですから、他のサロンと比較すると数万円以上もリーズナブルにすみます。

ただ足全体のコースとなると銀座カラーがかなりのお得。足の指・甲まで含んでいるプランが151,152円。しかも通い放題です。徹底的に足のムダ毛を処理してツルツルにしたいという女性は、こちらの方を選ぶべきでしょう。

クリニックだとアリシアクリニックが1番安上がりで、ひざ、ひざ上、ひざ下、足の甲・指をすべて施術してもらえる足全体プランが92,900円です。

高級なクリニックともなると40万円以上の施術料をとるところもあるので、10万円以下で脱毛してもらえるのは本当に驚きです。

不安な人はジェイエステで脱毛を体験したら?

各サロンとクリニックの料金を比較してみましたが、「安い」といってもそれなりの金額はかかります。

「いきなり高いお金を払うのは不安」という人は、ジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を1度体験してみてはいかがでしょう?

これは両ワキ、そして全身の18箇所から3つをチョイスして1回だけ施術してもらうというもの。注目すべきはその料金で、わずか300円です。

これで脱毛の施術がどんなものか理解した上で、契約するサロンやクリニックを決めるのがいいでしょう。

脱毛を完了させるために必要な日数と回数

上の料金に関する文章で、おおよその費用に関しては理解頂けたと思います。

では脱毛を完了させるために必要な回数と期間はどうなのでしょうか?

大体の目安は次の通りです——

脱毛サロン

回数……8回から12回
期間……1年から2年
施術のペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回から6回
期間……約1年
施術のペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか? 「思った以上に日数と回数が必要なんだな」と感じられるかもしれません。

実は、足というパーツは他の部位よりもはるかに脱毛の効果が出やすい、と言われています。それでもこれだけの期間と回数が必要なのです。

なぜかというと、それは現在サロンやクリニックでおこなわれている脱毛方法と、毛の生え変わりの時期が関係しているからです。

それを以下の文章で解説しましょう。

どうして脱毛には長い時間と手間がかかるの?

まず脱毛方法から説明します。

現在サロンとクリニックで採用されている脱毛機は、いずれもレーザー系の特殊な光を肌に照射して脱毛効果をあげます。

それらの光は、黒いメラニン色素だけに反応して熱エネルギーに変わる特質を備えています。ですから肌にあたっても皮膚の部分は素通りし、黒いメラニン色素を含む毛だけに熱のダメージを与えるわけです。

その熱エネルギーはムダ毛を燃やすだけでなく、毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などの発毛組織にもダメージを及ぼします。このことで発毛機能が弱体化し、ツルツルの肌になります。

「じゃあ1回の照射だけで脱毛は完了するのでは?」と思われるでしょうが、そういうわけにはいきません。
というのも、体毛というのはそれぞれが成長のサイクルを持ち、どの時期にあるのかが違うからです。

毛は3つの時期を経て古いものが抜け落ち、新しいものへ生え変わっていきます。この「成長期」「退行期」「休止期」という3つのサイクルを「毛周期」と呼びます。

「成長期」は毛が盛んに成長して表面に伸びてくる時期。「退行期」は毛の成長がストップして、毛乳頭から切れそうになっている時期。そして「休止期」は毛が毛乳頭から完全に切れ、毛穴から抜け落ちるのを待っている時期です。

このうち施術効果が得られるのは、毛根と結びついている成長期の毛だけ。
見た目は同じに思えますが、毛根から切れてしまっている退行期や休止期の毛に光を当てても意味がありません。

施術すると、1週間から2週間でムダ毛はすべて抜け落ちてしまい、1ヶ月から2ヶ月の間はツルツルの無毛状態になります。

やがて毛がまた出てくるので、再び光を照射。これを定期的に続けていくと、毛が細く変わっていき、本数も段々と減っていきます。

このようにして時間をたっぷりとかけながら総てのムダ毛の毛根にダメージを与え、ようやく脱毛終了へとたどり着くわけです。

そのため、施術ペースはどうしてもノロノロとしたものになり、1ヶ月〜2ヶ月に1度という回数になります。

以上、脱毛に長い期間と回数が必要とされる理由が理解できたでしょうか?

毛が抜け替わるシステムと関係するため、これだけは早くすることが困難です。
脱毛を決めたら時間を確保し、長くかかることを覚悟して施術してもらいましょう。

自己処理による黒いブツブツは足脱毛で治る?

長い間自己処理をやっていると、肌に黒いブツブツが出てくることがあります。

この原因となっているのはカミソリです。

カミソリで毛を剃ると肌に必ず小さな傷が付きます。するとそれを元通りにしようと新しい皮が再生されます。

その時、その皮がフタのように毛穴をふさいでしまうことがあります。

そうなると毛は表皮の中で成長し、それが黒いブツブツに見えてしまうのです。

またカミソリ負けになった時は、赤いブツブツができることもあります。

プロの手で脱毛してもらえば、自己処理する機会が減るのでそれらのブツブツも消えていきます。

さらに保湿トリートメントをしてもらえばケア効果もアップするので、足はさらに美しくなるでしょう。

足脱毛に関するQ&A

Q.サロンやクリニックへ行く時、服装はどんなものがいい?

これはサロンやクリニックによって違います。専用のガウンを貸し出す店なら、どんな服装で出かけてもオーケーです。

ガウンがない場合、上半身は着衣のまま、そして下半身はショーツ一枚で施術がおこなわれますから、ワンピースを着ていくのはやめた方がいいでしょう。

なお、施術で専用ジェルを使うサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツなどに付着してしまうことがあります。
店で替えのショーツをくれないことも多いので、自分で新しいものを持っていきましょう。

Q.色素沈着していると施術はNG?

4つのサロンと2つのクリニックに電話で質問してみたところ、大半が「色素沈着があると施術は無理です」という返事でした。

脱毛マシンで照射される光は、メラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化します。そのため、色素沈着があるとそこで熱が発生し、皮膚が火傷状態になる可能性があります。

もし色素沈着のある部位をどうしても脱毛したい場合は、光を使わない脱毛方法を取るべきです。

施術後のアフターケアで肌を守ろう

脱毛した後の肌は、本来備わっている防備機能が低下しています。そのため、アフターケアに気を配る必要があります。

まずその日の入浴は避けましょう。どうしても汗や汚れを取りたい場合は、ぬるいシャワーを浴びて下さい。湯船につかるのは絶対にNGです。

シャワーを浴びる時も、手のひらで洗いたいところを洗って下さい。
ボディタオルなどを用いると、炎症などのトラブルが生じる危険性があります。

入浴後はタオルを軽く押し当てて水気を取りましょう。強く拭くと刺激を与えるので厳禁です。

また、施術後の肌は乾燥しているため、炎症になりやすくなっています。トラブルを防ぐには、肌の保湿が欠かせません。施術当日はもちろんですが、翌日もしっかり潤いをキープしましょう。

保湿に使うのは普段用いているクリームやローションでもオーケーですが、敏感肌向けローションや乳液がなんといっても最高です。
化粧水の後にミルクローションを塗ると、さらに効果がアップします。

以上、足脱毛についての基本的な情報を色々紹介してきました。いかがだったでしょうか?

何度も述べてきたように、ムダ毛の自己処理は肌にトラブルを起こします。
足の美しさを保つためにも、自分に合ったサロンや医療クリニックで脱毛してもらいましょう。

腕脱毛に興味があるけど、なんとなくハードルが高い……

夏といえばバカンスの季節。最近は猛暑が続いていますから、プールや海に出かける女性も多いでしょう。

プールサイドや海辺では肌を露出するわけですが、その時に気をつけたいのが腕に生えているムダ毛です。

何しろ一番視界に入りやすい部位ですし、ちゃんと処理されていないと、「女性なのにだらしない」とバカにされかねません。

ただ、ムダ毛というのは自己処理が大変です。カミソリで剃っているとムダ毛自体が剛毛になる可能性もありますし、刺激が強いために埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)などに繋がりかねず、肌のコンディションが悪化してしまいます。

「処理が面倒だからサロンで脱毛しようかな……」

そう思ってしまう女性も少なくないでしょう。でもサロンと無縁だった初心者にとって、脱毛というのはなんとなくハードルが高いものです。

「何回くらい施術に通う必要があるの?」
「痛みはどれくらいなの?」
「最終的に費用はどれくらいかかるの?」

これらの疑問に答えが見つけられず、結局、サロンへ行かずに自己処理を続ける、という女性も少なくありません。

そこでこのページでは、腕脱毛の情報を紹介。さらにサロン、クリニックの選び方などについて詳しく解説し、そんな初心者の悩みを解決してみることにしました。

これらの知識が、ムダ毛で悩んでいる女性の助けになることを願っています。

腕脱毛がなぜいいのか?

プロの手による腕脱毛には、様々なメリットがあります。

まず、美しくツルツルな肌が得られること。

「そんなの自己処理でも手に入れられるのでは?」と反論されるかもしれません。
でも、自分でムダ毛を処理すると、どんなに手際よくやったつもりでも仕上がりが美しくなりません。特に体毛が濃い人は、毛穴のブツブツが目立ってしまうようです。

サロンや医療クリニックで施術してもらうとそんなこともなく、ビックリするほどなめらかでツルツルの肌になります。そうなると半袖やノースリーブで外出しても他人の目が気になりません。むしろ、腕をあえて見せびらかしたくなるでしょう。

そして次の長所は、自由に使える時間が増える、ということ。

体毛が濃くて悩んでいる女性の中には「毎週、ムダ毛を剃ったり抜いたりしている」という人もいるでしょう。
脱毛が成功すれば新しいムダ毛は生えません。そうなると抜いたり剃ったりする必要もなく、これまでムダ毛処理に使っていた時間を他の用事に回せるわけです。

また、上で書いたようにムダ毛の自己処理は肌への刺激が強く、肌トラブルが起こりやすいという欠点もあります。

「ツヤと潤いのある肌のコンディションを維持する」という点でも、プロの手によって脱毛することには大きな意義があります。

腕脱毛の平均料金ってどれくらい?

脱毛してもらおうか、と考えた時に、真っ先に気にしてしまうのはその費用でしょう。

人気のあるクリニックやサロンの公式HPで腕脱毛の料金を調べ、その平均を出してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という結果になりました。

こうして比べてみるとサロンで脱毛する方がはるかに安上がりなわけですが、クリニックもムダに高い料金を取っているわけではありません。やはりそれだけの価値があります。

サロンとクリニックの差に関しては後段の文章で解説しているので、それを参考にして下さい。

現在、どのような方法で施術がおこなわれているのか?

かつては「美容電気脱毛」(「ニードル脱毛」)というのが脱毛方法として一般的でした。

これは毛根の発毛機能を抑制するという点では優れているのですが、毛穴に特殊な針を刺して電気を流すという方法なのでどうしても痛みが伴います。
今ではすっかり廃れて、一部のクリニックで使われているだけです。

現在最もポピュラーなのは、レーザー系の特別な光を使った方法。肌の奥で光を熱エネルギーに変化させて発毛機能を損ない、ムダ毛が生えてくるのを防ぐわけです。

サロンでは、フラッシュ脱毛という方式が主流となっています。
IPL(インテンスパルスライト)という光を肌に照射し、メラニン色素を含んだ皮脂腺開口部、毛母細胞、毛乳頭などにダメージを与えます。

IPLはパワーが弱く、施術完了までに長い日数が必要です。ただ、その分料金が安めで、痛みもそれほどない、というメリットがあります。

一方、医療クリニックでメインとなっているのはレーザー脱毛。アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザー光を照射しますが、いずれもパワーは強烈で、毛根部位を完璧に破壊します。

IPLよりも痛みが強いのですが、短期間で脱毛が終わるのが大きな長所です。

完了までの回数と期間は?

腕脱毛完了までに光を照射する回数と期間は次のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

予想以上に回数が多く、期間も長いと感じるかも知れません。

なぜこうなるかというと、毛にはそれぞれ成長のサイクルがあり、照射は成長期にある毛にしか効果が発揮されないからです。

成長期を待っていると、照射はどうしても2〜3ヶ月に1回というスローペースになってしまいます。

サロンとクリニックの違いとは?

脱毛サロンと医療クリニックというのは具体的にどう違うのでしょうか?

2つの違いを簡単に説明すると——

脱毛サロン

・フラッシュ脱毛を使う
・永久脱毛ではなく、抑毛、減毛効果を上げるだけ
・安価で施術が受けられる

医療クリニック

・レーザー脱毛がメイン
・永久脱毛が可能
・料金はサロンよりはるかに高い

となっています。

さらに細かく述べると、部位によってはクリニックの方が安い場合があったり、クリニックでは施術者が必ず医師免許を持っている、などの違いもあります。

上記の点を見ると、料金は高いが永久脱毛が可能なクリニックの方がいいような感じがします。

ただ、クリニックというのは分院が少なく、全国にチェーン展開しているところはごくわずかです。もし近隣にクリニックがない場合は脱毛サロンしか選択肢がありません。

だからといって落胆する必要はなく、サロンの中には脱毛が完了してもムダ毛が再生すれば、いつまでも施術が受けられるプランを用意しているところもあります。

また毛の薄い人ならサロンの施術でも十分な脱毛効果が得られるので、わざわざ高い金を出してクリニックを選ぶ必要もないのです。

どちらにしようか選ぶ際は、自分の毛の質と料金のバランスを考えて決定すべきでしょう。

腕脱毛なら月額プランがいい

腕は他の部位と比較すると照射する領域が広く、脱毛完了まで日数がかかる、と言われています。

また個人の体質(「毛の量が多い」「毛が硬い」など)によって、施術回数も予定より増えることがあります。

というわけで、回数制のプランを契約してしまったせいで追加施術を受けることになり、思った以上の費用がかかってしまうことも珍しくないようです。

自分の毛が施術しにくそうだと感じた人は、最初から月額制のプランを契約した方がいいでしょう。回数製より高いので嫌だと思うかもしれませんが、結果的に月額制にしてよかった、という人が多いのです。

幸い、完全月額制の店も増えてきています。そんなサロンと契約してリーズナブルに施術を受けるようにしましょう。

「通い放題」を選ぼう

上述したように、脱毛完了までの施術回数は、クリニックなら平均5回、サロンの場合なら12回以上とされています。

なぜこんなに多いのかと言うと、毛の成長期がバラバラで(腕だと、成長期の毛はその時々で全体の20%しかありません)、すべての毛に照射するには日数を置く必要があるからです。

このように照射には時間が要るのですが、では「脱毛が終わったら安心か」というと、そうでもありません。

まずサロンで施術した場合、フラッシュ脱毛は毛根を破壊するのではなく弱体化するだけです。

そのためしばらくすると、ムダ毛が再生することがあります。

一方、クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」をうたっています。
そのため「ムダ毛はずっと生えてこない」と思ってしまいますが、実はそうでもないのです。

この”永久”というのは「脱毛完了後から1ヶ月経過しても、毛の再生率が20%以下」という意味にすぎません。つまり「またムダ毛が出てくる確率が低い」というだけで、毛が一生生えないと保証されたわけではないのです。

ということで、終了後も毛が生えてきた時に備えて、再び照射できるプランを選ぶ必要があります。

その点で一番オススメなのは「通い放題」。これなら店が倒産しない限り、半永久的に施術してもらうことができます。

ムダ毛に悩まないためにも、ずっと通えるプランを選びましょう。

より早く脱毛を終わらせるには?

より早く脱毛を終わらせたいなら、以下のポイントに注意して下さい。

予約が入れやすいところと契約する

医療クリニックやサロンを選ぶ時、「予約が入れやすいか」ということは非常に重要です。

施術は「成長期」の毛だけにおこなわれますから、予約が難しい店の場合はその時期を逃がすことがあります。
そうなると、完了が数ヶ月遅れる可能性が出てきます。

簡単に通えるサロンやクリニックにする

サロンやクリニックが行きにくい場所にあると、施術に出かけるのが面倒くさくなります。

施術は続けなければ意味がありません。
契約するならなるべく交通の便がいいところにしましょう。

健康的な生活を目指す

規則正しく、健康的な生活を目指すのも、脱毛には重要です。

「その2つにどんな関係が?」と思う人もいるかもしれませんが、施術というのは体調が十全でないとできません(例えば肌が異常に乾燥していると施術は不可となります)。

「十分な睡眠」「栄養バランスの良い食事」「適度な運動」の3つに注意を払い、より早く脱毛を終わらせましょう。

サロンとクリニックはどこがオススメ?

腕脱毛で人気を呼んでいるサロンとクリニックを、それぞれあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

「施術がとにかくスピーディ」「予約が入れやすくて完了が早い」「脱毛効果が短期間で実感できる」など、銀座カラーはネットでも高評価を得ているサロンです。

最大の特徴は、通い放題プランが単独の部位に用意されていること。

全身脱毛コースなら他のサロンでもやっていますが、腕だけでも通い放題というのは銀座カラーならではです。

また「学割」「のりかえ割」「祝割(誕生日・成人・結婚)」といった多種に渡るディスカウントがあり、非常にお安く脱毛できます。

レイビス

脱毛業界の老舗として有名なレイビス。以前は「TOKYO BDC」という名前でした。そこから数えると25年以上の歴史を誇ります。

推薦したいプランは「腕全部セット 脱毛し放題」。無制限に「ヒジ下」「ヒジ上」「ヒジ」「手甲指」を脱毛できます。

また完全月額制ということで、通えば通うほどリーズナブルになります。

ミュゼ

ミュゼは顧客数、店舗数、売上、満足度がいずれも業界トップ。顧客数など334万人を越えています。

ここの特徴は公式アプリのダウンロードによる割引があること。

それも4回以上の全コースが半額になるという大胆なディスカウントです。

例えば、両ひじ上と両ひじ下を4回ずつ脱毛するフリーセレクト美容脱毛コース(Lパーツ)など、48,000円がアプリのダウンロードだけで24,000円になるのですから驚きです。

また、イタリアのDEKA社によるSSC脱毛を導入しており、痛みが軽くですむのもありがたいところです。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

利用者の8割が申し込むという「し放題コース」が何と言ってもオススメ。クリニックとしては珍しい通い放題プランです。

湘南美容クリニック

脱毛に興味がなくても、テレビのCMのせいで名前に聞き覚えのある人は多いでしょう。
分院が全国にあるので、地方在住者にも通いやすいクリニックです。

リゼクリニック

腕脱毛希望者には、何と言ってもリーズナブルな腕セットがおすすめ。

またコースが終わった後も通常の半額で施術可能なので、ムダ毛が復活した場合など助かります。

以上、腕脱毛についてその費用や店の情報などを提供してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、サロンやクリニックに通ってみて下さい。
腕脱毛をすることで自己処理の必要がなくなり、肌のコンディションも徐々に改善されていくはずです。

思い切って顔脱毛をしてみたら?

「美しさ」という言葉から連想する体の部位は、何といっても”顔”です。

特に女性にとっては何よりも価値のあるパーツ。その見栄えを良くして他人へのアピール度を高めようとするのも当然のことでしょう。

でも毎日ケアをしていると、邪魔だな、と感じてしまうものがあります。

それは頬やフェイスラインに細かく生えている産毛——。

鼻の下にある産毛など、ヒゲに見えるので必ず処理することになりますが、そうやって剃ったり抜いたりしていると色素沈着などが起こりやすくなります。

また、産毛のせいで化粧のノリも悪化しがちで、メイクに凝る女性にとってはとにかく厄介な存在です。

女性の中には悩みを解消するため、思い切って脱毛してもらう方もいます。

かつて、サロンの顔脱毛は料金がお手頃とは言えませんでした。顔は施術の難しい部位とされ、キャンペーンなどでもディスカウントされなかったのです。

ところが最近はちょっとした脱毛ブーム。また色々な技術が開発されたこともあって料金も下がり、手軽に脱毛できるようになっています。

とはいっても、初心者がサロン通いするのは何となくハードルが高いものです。

そこでそんな人向けに、顔脱毛の細かい情報、そしてサロンの選び方について書いてみることにしました。

このページが、産毛で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

現在の脱毛はどうなっているのか?

実際的な情報を紹介する前に、まず現在の脱毛の施術がどのようにおこなわれているか、簡単に記しておきましょう。

かつては脱毛といえば、特殊な電気針(プローブ)で一つ一つの毛根を破壊していく「美容電気脱毛」が主流でした。

これは効果抜群なのですが、何しろ毛穴に針を刺していくわけですからかなりの痛みがあります。
おかげで、世間に「脱毛は痛いもの」というイメージが広まってしまいました。

現在ではこの美容電気脱毛は「時間と手間がかかりすぎる」ということもあって廃れ、レーザー系の光を使った効率的な方法が普及しています。

サロンで1番使われている方式は「IPL脱毛」と呼ばれるもの。施術では肌にインテンスパルスライトと呼ばれる光(フラッシュ)を直接当てます。
このIPLはメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わるので、毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織に大きな損傷を与えてくれます。

もともとIPLはエステで使われていたもので、赤ら顔、ニキビ痕、開いた毛穴、くすみなどの美肌ケアに効果を発揮していました。
脱毛の際もこれらの効能は有効なので、施術の度に肌のコンディションが良くなっていくわけです。

ただ最近は、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式も開発され、施術方法も種類が多くなってきました。

それぞれ特色があるので、自分の気に入ったやり方で脱毛しましょう。

サロンごとに施術できる箇所が違う

顔脱毛の注意点のひとつは、サロンによって施術可能な部位が違う、ということ。

ある店のとったアンケートによれば、利用者が1番脱毛したい部位は、眉間、鼻の下、アゴということですが、これら3つもサロンによって施術できるかできないかが違います。

たとえば、有名サロンを例にとると——

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……目元、頬、鼻下、口周り、顎、フェイスライン

というように、施術可能な部位に制限があります。

ということで、「顔脱毛にも対応」と宣伝などで書かれていても、こちらの望んでいる箇所を施術してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで行ったのに「そこは施術できません」と言われると時間がもったいないので、施術可能箇所について事前に調べておきましょう。

顔脱毛の平均費用はどれくらい?

顔脱毛に関して、最も気になるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータから計算すると、顔脱毛の平均費用は「41,033円」ということです。

この金額が高いか安いかは、施術を受ける女性の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンだけでなく、医療クリニックでもおこなっています。

こちらも平均費用を出してみたところ「131,325円」という額になりました。

つまり、医療クリニックで脱毛してもらうと、サロンの3倍以上の費用がかかってしまうわけです。

さすがに10万円を超えると「ちょっと高い……」と思う人が多いかもしれません。

ただクリニックでの施術にはメリットがあり、ムダ毛がずっと生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンにするかクリニックにするか、迷っている人もいるでしょう。効果と料金をハカリにかけた上で、自分の目的に合致する方を選んで下さい。

「お試しコース」なら初心者にピッタリ

近年は脱毛もちょっとしたブーム状態となり、新規のサロンも急増。全国でチェーン展開しているような有名店も盛んにキャンペーンを打って、新たな顧客獲得にしのぎを削っています。

それらの店の多くが「お試しコース」を設けています。サロンが初めてという人には最適なので、まずはそれらのコースで施術を体験してみましょう。

もちろん、最初から正規のプランを選んでもいいのですが、効果や対応などで不満が出てこないとも限りません。
やはり、まず「お試し」からスタートするべきです。

なお、「お試し」の申し込みは、電話で直接店にするよりもネット経由で行なう方がお得です。特典もありますし、料金もディスカウントされることが多いようです。

まず目星をつけたサロンのサイトへ行き、料金や条件をチェックした上で申し込みましょう。

その後の手順ですが、まず申し込み時に予約した日にサロンへ出かけます。

この時、まずカウンセリングを受けることになります。費用はタダなので安心して下さい。

内容は、料金プランの詳しい説明や脱毛の概要についてなど。ちょうどいい機会ですから、

「脱毛が完了するまでの日数はどれくらい?」
「施術に用いられる機器の方式は?」
「永久脱毛はできるの?」

など、色々と質問してみましょう。

初日はこれだけで終わり。施術は予約した上で後日受けることになります。

施術の時は——

・スタッフの態度は丁寧か?
・痛みがあるとしたらその程度は?
・術後の保湿ケアはしっかりしているか?

などのポイントをチェックしましょう。

これで満足できたら、そのまま正規プランの契約をすればいいですし、不満足ならそのまま終了。後者の場合は他の店を調べ、また「お試し」を受けてみることになります。

上述したようにサロンの数が増えているので、やがて自分に合った店に出会えるはずです。

顔脱毛のオススメは「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛が得意とされているサロンを2つ紹介します。

まず推薦したいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などが出演するCMを見た人も多いでしょう。

キレイモの顔脱毛のメリットは、何といっても施術できる部位が多いこと。他のサロンだと可能部位が少ないので、わざわざキレイモで施術し直す女性もいるようです。

続いてオススメしたいのが、「ジェイエステティック」。

ここで一番お得なのは「フェイス6」というプラン。1回の料金がわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべく安く顔脱毛したい」という人にはもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使っているため、施術で乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンの数が多くて、どの店にしたらいいか分からない……」という人は、ぜひこの2つをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛についてのいくつかの疑問点や、施術で気をつけるべきポイントを紹介していきましょう。

歯の治療中も施術できるの?

毛は再生力が強いため、脱毛には時間が必要です。サロンに数ヶ月から数年間も通うことになるため、その間に歯の治療を受ける可能性も高くなります。

間を置かずに脱毛と歯の治療を行なう場合など「何か問題があるのでは?」と気になるでしょう。

実際にサロンに訊ねてみたところ、「通常の歯の治療なら別に問題はない」とのこと。

ただ、歯医者で処方された痛み止めに関しては、注意が必要です。

ごくまれに脱毛の施術で「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。
これは光を肌に当てることで、むくみやかゆみ、あるいは水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、この症状を誘発する成分が痛み止めに入っていることがあり、うっかり飲むと施術ができません。

トラブルにならないためにも、痛み止めを摂取したらスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに光により、虫歯の痛みが激しくなることもあります。それが心配な人は口付近の施術は後回しにしてもらいましょう。

また、脱毛と同時期に歯列矯正を行っている場合、光が矯正器具に当たると熱が起こるケースもあります。この場合も口付近の施術はやめた方が無難です。

ただ器具がセラミックやプラスチックでできていれば、施術に問題はありません。

このように色々なケースが考えられるので、必ずサロンの人と相談しながら施術を受けて下さい。

ニキビができていると施術不可?

脱毛の施術は体調に影響を与える場合もあります。そのため、施術については色々な条件が課せられています。

では、ニキビができている場合はどうでしょうか?

調べてみると、ほとんどのサロンで施術は可能です。

というのも、光脱毛器はエステで使われていた美肌用マシンを流用したものなので、肌に悪影響を及ぼすことはないからです。

マシンで照射されるレーザー系のIPLという光は、メラニン色素に反応して高熱に変わり、毛根に損傷を与えます。
ニキビには反応しないので、高熱の心配はありません。

ただ炎症の程度がひどいと、IPLによってさらに症状が進むことがあります。そんな時は、ニキビ付近の施術は避けるようにしましょう。

脱毛することで、シミやそばかすができてしまう?

現在、サロンやクリニックではメラニン色素だけに反応する特殊な光を用いて脱毛を行います。

「肌にそんな光を当てたら、色素沈着が起こるのでは?」と不安を感じる人がいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けは、肌トラブルの主要な原因です。サロンで用いられるIPLという光も強いものなので、紫外線と同様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし何度も述べたように、サロンの脱毛機は美肌ケアのために用いられてきた歴史があります。肌に対してダメージを与えるものではありません。

「でもネットで調べると『顔脱毛のせいでシミができた』っていう口コミが投稿されていたけど?」と反論する人がいるかもしれません。

このことについては、2つの理由があげられます。

まず、肌の奥に潜んでいたシミが、ターンオーバーが進むことで表面に出てきた、というもの。

施術のせいで新陳代謝が促され、奥に隠れていたシミが肌に出てくることは珍しくありません。

ただ、ほとんどのシミはターンオーバーがさらに進むと消えてしまいます。

あと施術の熱によって乾いた肌に傷がつき、それが痕として残ってしまう場合。これをシミだと勘違いする人がいます。

こんな事態にならないためには、施術後のケアが重要です。念を入れて保湿を行いましょう。

ともかく、脱毛によってシミや傷ができるわけではありません。安心して下さい。

サロンに通う時は、スッピンでないとダメ?

初心者にとって、不安に思うことのひとつは、

「施術に出かける時は、化粧してはいけないのか?」

ということ——。

「素顔で外出しても平気」という10代の学生ならともかく、普段からメイクが欠かせない女性にとって、「自宅・職場からサロンまで化粧なしでいろ」というのは結構キツいことです。

結論を先に言っておくと、メイクをしてサロンに出かけても問題ありません。

というのもサロンには専用ブースがあり、そこで化粧を落せるからです。
また店によっては、スタッフがサービスとしてメイクを落としてくれるところもあります。

ただ、いくら専用ブースがあるからといっても、あまりに濃い化粧をしていくと、それをオフするだけで時間がかかります。

普段より化粧は控えめにし、時間の余裕を持って施術してもらいましょう。

以上、顔脱毛の知識や、サロンの選び方について書いてきました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
顔脱毛によって、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

ワキ脱毛に興味がある

ワキ脱毛に興味があるけど、ハードルが高くて……

夏はバカンスの季節。ましてやここ例年の猛暑で、海やプールに遊びに行く女性も多いでしょう。

海辺やプールサイドでは肌を露出することになりますが、その時に注意が必要なのがワキに生えているムダ毛です。

キチンと処理されていないと、腕を上げた時など他人がそのムダ毛を見ることになり、「女性なのにだらしない」と軽蔑されかねません。

ただ、ワキ毛というのは意外に自己処理が面倒です。カミソリを使っていると毎日剃らないとすぐにブツブツが目立ってきますし、毛抜を使うのは痛みがあって、処理自体がイヤになってきます。

おまけに自己処理は肌トラブルがつきもの。埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)などに繋がりかねず、ワキの見た目が悪化してしまいます。

「面倒くさいからサロンで脱毛しようかな……」

そう思ってしまう女性も多いはず。でも初心者にとって、脱毛というのはハードルが高いものです。

「何回くらい通う必要があるの?」
「痛みはあるの? あるとしたらどれくらい?」
「最終的に料金はどれくらいかかるの?」

これらの疑問に答えが見つからないまま、結局、脱毛サロンへ行かずに自己処理を続ける、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の詳細やサロンの選び方などについて詳しく説明し、そんな初心者の悩みを解決してみることにしました。

これらの情報が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になることを願っています。

そもそも「脱毛」とは?

ワキ脱毛の情報を述べていく前に、まず「脱毛とはどんなものか?」ということを説明します。

勘違いしている人が結構いるのですが、サロンや医療クリニックでの「脱毛」というのは、別に毛を抜いていく作業は行いません。
その施術のターゲットとなるのは、皮膚の中にある毛根部分です。

以前は特別な針を使って毛根を焼き切っていたのですが、現在では技術革新が進み、特殊な光を肌に当てることで毛根にダメージを与える方法をとっています。

この時に使われるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)といった光は、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わる特質を持っています。部位に照射すると皮膚は素通りし、毛乳頭、毛母細胞といった発毛組織だけに損傷を与えます。

この方法は画期的なものでした。
おかげで脱毛は気軽なものとなり、最近では顔、脚はもちろん、VIOなどの特殊な部位まで脱毛する人が増えています。

その中でもワキは最も人気のある部位。
ほとんどの初心者はまずワキを施術してもらうと言われています。

また、ワキというのは汗腺が集まっているところです。そのせいで老廃物や汚れが蓄積し、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)などの厄介な病気や症状が起こりやすいと言われています。

ワキのコンディションを保つためにも、ムダ毛を一刻も早く脱毛してもらい、自己処理がいらない状態にしましょう。

気になる施術回数、料金、痛みは?

ワキ脱毛のメリットがご理解頂けたでしょうか?

「そんなにメリットがあるなら、すぐにサロンに通って施術を受けたい」という人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンで施術を受けるとなると、以下のようなことが心配になると思います——

・施術回数は最低でどれくらいなのか?
・料金はいくらぐらいかかるのか?
・施術時の痛みはひどいのか?

これらの点について、説明していきましょう。

まず施術回数について。脱毛というのは、1回や2回の施術では完了しません。完璧にムダ毛を処理するには、意外なほど長い期間が必要となります。

特にワキは厄介な部位。集中的に太い毛が生えているうえに、毛根が深い箇所にあり、他の部位よりも施術が大変だと言われています。
そのため、顔や脚に比べてどうしても施術回数が増えてしまうのです。

もちろん毛の質などによって個人差は大きいのですが、脱毛完了まで12回から18回かかる、と考えておいた方がいいでしょう。

続いて料金について。

これについてはサロン次第。店舗によって相当な違いがあるようです。たとえば、古くから営業している高級サロンの中には、お金持ちの顧客が多いのか、かなり高額な料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛については初心者向けのコースが多く、全般に値段は安くなっています。

「その中でも特にリーズナブルな店は?」と思ってネットで調べてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは「ミュゼ」。全国展開をしているチェーンサロンです。

オススメしたいのは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円だというから驚きです。

こんな価格で施術してくれるところは他には見つかりません。脱毛初心者には最適と言えます。

さらにミュゼのメリットは、料金だけではありません。

実は、サロンでのIPLによる施術というのは毛穴に高熱が発生するため、どうしても痛みを感じます。ミュゼはそれが軽くなるように工夫しているのです。

具体的に言うと、他のサロンのほとんどがIPL方式の脱毛機を採用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を使っています。

IPL方式の場合はキセノンランプを使い、肌にインテンスパルスライトを照射します。

一方、SSC方式で用いられるのはクリプトンライト。

キセノンランプは光を当てるだけで脱毛効果があるのですが、クリプトンライトはその効果を備えていません。

ではどうやって脱毛効果を上げるのかというと、肌に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを照射すると毛根部分がダメージを受け、発毛が抑えられるのです。

SSC方式の最大の特徴は、光のパワーが弱くても脱毛効果をあげられる、という点。
ジェルとの組み合わせで毛根に効果を及ぼすため、高熱の必要がありません。
したがって痛みも軽くなるわけです。

「痛みが苦手なので脱毛はイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら安心です。

ワキ脱毛を成功に導くには?

「ミュゼなら格安で、痛みがない」と述べましたが、お住まいの地域に店舗がないこともあります。そんな時は、他のサロンを選ばなければなりません。

ただ、現在はちょっとした脱毛ブーム。新規のサロンが激増し、以前よりも店舗数が多くなっています。
その数が多すぎて、初心者はどこにすればいいのか迷ってしまうでしょう。

また、色々なサロンが毎月のようにキャンペーンを行っているのですが、これもプランが複雑で、どれが安いのか判断が難しい……。

そこでサロンを選ぶ際、注目すべきポイントを3点ほどあげてみます。

施術可能回数が12回に達しないサロンは避ける

まだまだ脱毛について正確な知識のない人が多く、たとえば1回の施術でその部位のムダ毛は一生生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんこれは間違い。たった1、2度の施術では、ムダ毛を根絶やしにすることなどできません。
確かに施術後10日から1ヶ月ほどするとツルツルの状態にはなりますが、さらに時間が経つと新しい毛がまた生えてきてしまいます。

発毛自体を抑えるには、IPLやレーザーなどの光を数ヶ月から数年かけて当て続けなければなりません。

しかもワキのように太いムダ毛が密集している場合、上述したように12回から18回の施術が欠かせないのです。

というわけで、安い料金に釣られて施術回数が12回に満たないプランを契約してしまうと、「結局は追加施術」という羽目に陥ります。そうなると高いプラン以上の金額を払うことになります。

リーズナブルに脱毛するためには、あまりに安価なプランは考慮に入れず、何度でも施術可能なコースを選ぶようにしましょう。

契約前に返金制度や施術期限に気をつける

ワキ脱毛を一旦始めたら、最低でも3年間はサロンに通わなければなりません。

しかしサロンと一旦契約しても、「スタッフが不親切」といった理由で、通うのをやめてしまうケースもあると思います。

契約を中途で解約する場合、当たり前ですがサロン側はイヤな顔をします。
施術回数をほとんど消化していないのに、返金が半額に満たない、という店も多いようです。

もし中途解約する可能性のある人は、契約を結ぶ前に解約条件についてスタッフに訊ねておきましょう。

またサロンによっては、契約日時から日数が経つと施術そのものができなくなる、というところもあります。その点も事前にチェックしなければなりません。

いずれにしても「ワキ脱毛には長い期間が必要」ということを忘れず、なるべく回数や施術期間が無制限のサロンを選びましょう。

施術後のケアも大事

ムダ毛処理だけではワキのケアは充分とはいえません。

見栄え良くするには黒ずみなどの症状を改善することも肝要。
そのためには肌の潤いを保つ必要があります。

上で述べたように施術した後の毛穴は熱を持つため、その周りの肌は乾燥しがちとなります。

脱毛サロンにはそれに対応し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できますから、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの差について

ワキ脱毛を行ってくれるのはサロンだけに限りません。医療クリニックでも施術してもらえます。

ではサロンとクリニックには、どんな違いがあるのでしょうか?

現在、脱毛サロンで施術の主流となっているのは、光(フラッシュ)脱毛という方法。そして医療クリニックの方では、レーザー脱毛がメインになっています。

「特殊な光を使って毛根にダメージを与える」という点は共通しているので、両方とも脱毛の原理そのものは同じといっていいでしょう。

ではフラッシュ脱毛とレーザー脱毛でどんな差があるのかというと、毛根部分にダメージを与えるパワーです。

レーザー光の威力はIPLとは比べ物になりません。
組織は完全に破壊されてしまい、いわゆる「永久脱毛」も可能になっています。

また脱毛完了までに必要な回数も違いがあります。フラッシュ脱毛は10回以上かかってしまいますが、レーザー脱毛の場合、上手くいけば数回で終了。

もし「脱毛を短期間で終えたい」と考えているなら、医療クリニックを選んだ方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は安くですむのか?

ワキ脱毛というのは非常に格安です。
そのせいもあって初心者はワキを最初の脱毛箇所として選ぶことが多いようです。

ではワキ脱毛の料金はなぜ安いのでしょう?

第1に考えられる理由としては「元々ワキが狭い部位だ」ということ。

実はサロンでは面積によって料金を決定することが多く、その点でワキは安価なパーツというわけです。

そして次に考えられるのは、サロン側の”戦略”です。

女性はまずワキ脱毛をしようとするため、「その値段を下げることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしてもワキ脱毛は手軽です。サロンの技術もすぐ分かるので、施術はワキから始めるのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果に不満がある場合は?

サロン通いの末、ワキ脱毛がようやく完了。でも、その結果に不満が——。

そんな時、そのまま施術を続けることもできますが、追加の料金が結構かかります。

そんな事態にならないためにも、少々値は張りますが最初の契約で12回以上のプランを選びましょう。

また、そのサロンをやめて他店に乗り換える方法もあります。しかしその場合は最初のカウンセリングからやり直す必要があり、時間と手間がムダです。

とにかく施術期間、及び回数は多めに見ておくことが重要。
なるべくなら施術回数が無制限というサロンと契約しましょう。

脱毛の後、ワキの汗が増えるって本当?

最後に脱毛完了後の”ある噂”について、書いておきましょう。

実はワキ脱毛についてネットで検索していると「脱毛をしてからワキ汗の量が増えた」という口コミを結構見かけます。

こんなことが本当にあるのでしょうか?

答えを先にいいますと、全くのデマ。そんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗がひどくなった」と思い違いしてしまう人は実際多いようです。

ネットで調べてみると、その理由は——

「ワキ毛がなくなってしまったので、今までせき止められていた汗が肌を流れるようになり、量が増えたと勘違いする」

ということのようです。

つまり単に感覚の問題にすぎず、汗の量そのものが増えたわけではありません。

しばらくするとその感覚にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? 様々な観点から、ワキ脱毛についての情報、サロンの選び方について説明してみました。

ぜひ以上の情報を参考にしながら、お気に入りのサロンを見つけて下さい。

ムダ毛が処理できれば他人のワキへの視線も気にならなくなり、肌のコンディションもきっと良くなっていくはずです。

脱毛の即効性

脱毛完了が早い

脱毛完了が早いサロンはどこ?

普通、脱毛というのは毛周期(ムダ毛の生えてくるサイクル)に合わせて施術をおこなうため、どうしても時間がかかります。

「脱毛が終わるまで3年〜4年は当たり前。場合によっては6年もかかる」と聞いて、サロンに通いたい気持ちがなえてしまった、という人もいます。

しかし脱毛技術は日々進歩をとげており、毛周期を考慮しないで施術できるSHR脱毛やハイパースキン法も出現し、以前よりも脱毛完了までの時間は短縮される傾向になっています。

では現在、短い期間で効果が実感できるサロンはどこなのでしょうか?

ネットで調べてみたところ、最もおすすめしたいのは、銀座カラーです。

こちらでは、2015年11月から独自に開発した「連射式脱毛機」というマシンを導入。スピーディな施術が可能で、全身脱毛1回にかかる時間は約60分。

以前のマシンに比較するとはるかに短時間ですし、光脱毛では苦手とされる細い毛にも効果があるので、口コミでも絶賛を博しています。

連射式脱毛機は「脱毛パワーが落ちる」という欠点があるのですが、銀座カラーのマシンは、これまでの脱毛力の高さを保ちながらスピードアップを可能にしています。

施術時間が短縮されたために予約も入れやすく、施術を8回受けるのに他の脱毛サロンなら2年かかってしまうところ、銀座カラーの場合は半分の1年。

また、多種類にわたる美容成分が入った「美肌潤美」という冷却ミストシャワーで、施術後の熱のこもった肌を冷やしてくれます。

このように脱毛と同時に美肌効果も期待できるのが、銀座カラーのありがたいところ。

銀座カラーで脱毛したい人は、ぜひ小まめに公式サイトをチェックして下さい。
期間限定のキャンペーンもよく実施しているので、お得に施術を受けられます。

川越の人気脱毛サロンランキングTOPへ

恋肌(こいはだ)の特徴とおすすめポイント

とにかく安い

全身脱毛がとにかく安い

恋肌(こいはだ)の全身脱毛プランでは、施術できる箇所が1回につき62部位に及びます。これは他のサロンと比べても圧倒的な数です。

今なら2年契約を結ぶと、最初の1年は無料で施術を受けられます。残りの1年間も月々1,435円。人気を呼ぶのも当然の激安価格です。

痛みの少ない脱毛機を導入

恋肌(こいはだ)では、すべての店舗で最新鋭の脱毛マシン「CLEAR/SP-ef」を導入。

こちらは従来のIPL脱毛と違い、バルジ領域に熱をあてる方式です。
徐々に毛包に低温のエネルギーを広げていくので、毛根全体をターゲットにしたIPLよりも痛みが少なくてすみます。

半年で脱毛”卒業”可能

これまで施術と施術の間にはどうしても2ヶ月から3ヶ月必要でしたが、恋肌(こいはだ)の脱毛マシン「CLEAR/SP-ef」なら、2週間に1回のペースで施術が可能です。

これによって脱毛完了までの期間がはるかに短くなり、最短半年で”卒業”することもできるようになりました。

川越の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛が毛穴が毛穴に与える効果とは?

脱毛に知識のない人

施術が毛穴に与える効果とは?

脱毛に知識のない人の中には、「サロンやクリニックで脱毛してもらうと毛穴がふさがってしまう」と思い込んでいる方がいるそうです。

また、ネットを調べると「汗が出なくなるのでワキガになる」とまことしやかに記された文章も見かけますが、もちろんそんな副作用もありません。

そもそも脱毛サロンやクリニックの施術というのは、高熱で毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて発毛機能を阻害し、毛を生えにくくするだけです。脱毛完了後も、毛穴そのものは立派に存在し続けています。

ただ脱毛前と比較すると毛穴は確かに目立たなくなるので、「毛穴がふさがった」と思い込んでしまう人も出てくるのでしょう。

では、毛穴はなぜ目立たなくなるのでしょうか?

それは脱毛完了前に日常的におこなっていた自己処理をしなくなったせいです。

例えば、毛抜きを用いた自己処理は炎症を生じさせ、毛穴を目立たせてしまう原因となります。

またカミソリを使うと保湿に欠かせない角質をそいでしまうため、肌の乾燥をもたらす一因となってしまいます。

これらの自己処理をやめたことで、肌のコンディションが以前よりも良くなり、毛穴の存在が目立たなくなったわけです。

つまり脱毛というのは発毛機能を失わせてツルツルにするだけのものではなく、刺激から皮膚を守って美しさを保つ、という効果も備わっています。

しかし、せっかく施術してもらっても、肌のケアをキチンと継続しなければ元も子もありません。

美肌づくりに不可欠なのは、何といっても潤いを保つこと。

天然保湿因子(アミノ酸類、尿素など)、角質細胞間脂質(セラミド)、そして皮脂の3つが肌の水分の構成要素。
それらが成分として入った商品で保湿ケアをしっかりおこない、肌の潤いをキープしましょう。

川越の人気脱毛サロンランキングTOPへ

家庭用脱毛器 ケノン

ムダ毛で悩んでいる人

家庭用脱毛器「ケノン」ってどんなもの?

ムダ毛で悩んでいる人の中には、

「脱毛サロンに通いたいけど、費用が高いし、日数がかかるのがイヤ。自宅でサロンのように脱毛できる機械がほしい」
と思っている方も少なくないようです。

そんな人におすすめしたいのが、エムロック株式会社の家庭用脱毛器・ケノン。脱毛器としては異例ともいえるベストセラーで、出荷台数は現在すでに50万個を越えています。

このケノンの脱毛原理は脱毛サロンで使われる機器と変わりません。メラニン色素に反応するIPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を肌に照射、そのことで熱エネルギーを生じさせ、毛乳頭や毛母細胞、あるいは皮脂腺開口部といった組織を弱体化していきます。

照射できる面積がサロン並に大きいので、処理に要する時間が他の脱毛器より短いのが特徴。また出力レベルも10段階で調整可能です。皮膚の厚い部位、敏感な部位で使い分けができるので、脱毛効果もアップします。

目の周辺、Iライン(小陰唇・大陰唇の周り)、Oライン(肛門を中心とした丸い部位)をのぞけば、全身どこでも使えます。

以下のように、口コミサイトでの評価も高くなっています——

「使い始めて数週間で、腕や足の毛が延びてこなくなりました。剛毛のVラインやワキにはもう少し時間がかかるみたいですが、それでもハッキリと毛が細くなっています」

「週に2回くらい半年に渡って使っています。腕やひざ下のムダ毛処理の回数がずいぶん減りました。指にも使用可能なのがいいですね」

「開封した時からカートリッジが装着してあるので、コンセントに差し込めばすぐに使用できます。照射しても痛みがないので、これなら継続できそうです」

今や家庭用脱毛器の代名詞ともいえるケノン。
サロンに行く前に試してみてはいかがでしょうか?

川越の人気脱毛サロンランキングTOPへ