脱毛と美白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛と美白の関係

脱毛と美白の関係とは?

脱毛と美白。全く関係がないように思えますが、ネットでは「脱毛すると美白効果がある」といわれているようです。

不思議に思って調べてみると、確かにこれはうなずける話だということが分かりました。

まず脱毛すると、産毛におおわれていた肌が前面に出てきます。このことでワントーン肌が明るくなったように見えます。

さらに産毛を処理すると化粧のノリがよくなり、使う量も減ってきます。このことでコスメによる肌荒れも治まり、コンディションがよくなるわけです。

それから脱毛によってツルツルになると、ムダ毛を抜いたり、剃ったりという自己処理の必要がなくなります。

実は、自己処理には色々と問題があります。

例えばカミソリの刃は皮膚の角層を削ぎ落としてしまうことが多く、あまり使いすぎると、くすみ、黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛といった肌トラブルの原因ともなります。

また、毛抜き、ワックス、テープなどは毛根を引き抜くため、使っているうちに柔らかい毛まで剛毛に変わってしまいます。

さらに最近は除毛クリームも人気ですが、毛を溶かすために肌への刺激が強く、赤みやかゆみが生じて肌を痛める可能性があります。

このようにムダ毛処理というのは肌へのダメージが強く、美容的にはおすすめできることではありません。

しかし脱毛をしてしまえば、肌に負担のかかるそのような自己処理から解放されます。色素沈着やくすみが生じる可能性も少なくなり、本来の健康的な肌が保ちやすくなります。

また、サロンで使用されている光脱毛機は、もともとエステでニキビ痕、毛穴の引き締め、くすみの改善などに使われていたもの。ですから施術のたびに肌の改善にも役立つのです。

これらのことを考えると、脱毛の施術によって美白効果が得られるというのは本当だといえます。

川越の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*