2019年 4月 の投稿一覧

メンズ脱毛サロンをうまく選ぶ方法とは?

肌の美しさを保つためにケアに懸命な人は多いのですが、厄介なのがムダ毛の存在です。
毎週のようにカミソリや毛抜きを使って毛を手入れしていくのは面倒な上に、これらのツールは肌に負担をかけ、埋もれ毛、黒ずみといった肌トラブルを引き起こす危険性があります。

そこで注目を浴びているのが、プロの手による脱毛。以前はとんでもなく高額だった施術料も技術の進歩によってディスカウントされ、いまでは庶民的と呼べる美容術になっています。

中心となる客層も徐々に若い年代にスライド中で、ローティーンの女の子も少なくありません。

さらに「毛深いというコンプレックスを解消したい」という男性が多くなり、男性向けのサロンが続々とオープンしています。

ただ自分でも脱毛してみたいと思っていても、「勝手がわからないのでサロンの門をくぐれない」という男性もいるでしょう。

そこでこのページを立ち上げました。メンズ脱毛サロンに着目し、脱毛技術の詳細、選び方のポイントについて述べていきます。脱毛したい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛ってどんなもの?

光脱毛について
現在でも「脱毛」というと、「針に似た器具を毛穴に挿入し、電流で毛根を焼く」という施術の様子をイメージする人がいるようです。

実はこういう想像はそれほど間違っているわけではありません。
実際に20年前の脱毛士は針状の電極を毛穴に差し込むという方法で、脱毛をおこなっていたのです。

ここで脱毛にまつわる歴史を少しだけ紐解いてみましょう。

文明の黎明期に脱毛は始まった

文明の黎明期にすでに人類は美しい肌への関心を高め、ムダ毛を処理する行為をおこなうようになりました。資料によれば、紀元前3000年から4000年頃の古代オリエントや地中海沿岸では、石灰や硫黄を原料とする脱毛剤をすでに用いていたようです。

そして紀元前1500年ごろに及ぶと、エジプトでは油、カバの脂肪、蓮の葉などを使った脱毛剤が使われ、あの稀代の美女・クレオパトラもムダ毛処理をする薬を所有していました。

以後近代に入るまで、脱毛は女性にとって欠かせない美容術であり続けましたが、その方法に関しては、カミソリ・毛抜のような原始的なツールか、その当時の天然の薬剤を使用するだけで、とりわけ特徴的なものは見当たりません。

電気を利用した脱毛がスタート

しかし、電気のパワーが注目された19世紀末、ようやく脱毛にも最新のテクノロジーが取り入れられます。その始まりとなったのが、アメリカの医師チャールズ・ミッチェルが試みた「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスで眼科医をやっていたミッチェルは、逆さまつ毛の治療のために電極(プローブ)を使用し、毛根に含有される水酸化ナトリウムの凝固化をおこないます。これが成功し、逆さまつ毛の成長がストップしました。

1875年、ミッチェルがこの脱毛法に関する論文を雑誌に発表すると、やはりプローブで脱毛をおこなう医師が現れ、「電気分解脱毛法」は徐々に注目されていきます。
しかし、この方法はひとつひとつの毛穴に手作業でプローブを挿入していくため、たいへん時間と手間がかかりました。

それでも、ずっと無毛状態が維持できるためにこの方法は普及し、改良された機器が日本にも入ってきました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼ばれ、当時のスタンダードな脱毛方法となったのです。

特殊なライトを使った方法が登場

やがて、このニードル脱毛の難点を解消する方法が考案されます。それがライトを利用した脱毛方法です。

この方法は、毛根に物理的に触れずに脱毛する、という点が画期的でした。波長を調節された特別なライトは、一定の色だけに反応する特徴を持っています。これによって、ムダ毛に含有されるメラニン色素にそのライトを吸収させます。するとライトは熱エネルギーへと変わり、その熱で毛の産生がストップするのです。

このライトを使った脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに分けられます。

そしてほとんどの脱毛サロンで導入されているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類について

ここで光脱毛について、もう少し詳細に紹介しましょう。

光脱毛にはいくつかのライトが使われますが、ほとんどのものは照射によって毛に含まれるメラニン色素に吸収されます(この時、周りの皮膚には悪い影響を与えません)。

ライトはこの吸収により熱エネルギーに変化。その熱が発毛器官にダメージを与え、毛が成長しなくなるわけです。毛も次々と抜けていき、施術を長期に渡っておこなうことで部位全体が無毛となります。

現在、光脱毛には以下の4つの種類があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

各々の特徴を簡単に説明しましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最も採用されている脱毛方法です(店によっては「フラッシュ脱毛」とも言われています)。ライトは毛を産生する毛乳頭とその周りの器官に影響し、2、3ヶ月に1回照射しているうちに、徐々に効果があらわれてきます。

難点は施術時に多少痛みがあること。ただちょっと指で叩かれるような感じで、特に強い痛みではありません。

続いてSSC方式。この方式の特徴は使用されるライトにあります。IPL方式ではキセノンランプを用いて、IPL(インテンスパルスライト)を射出します。一方、SSC方式では、クリプトンライトという光を使います。

インテンスパルスライトだと、それだけで脱毛することができますが、クリプトンライトは単独では通常の光と変わりません。

では、どうやって脱毛効果を発揮するのかというと、まず専用のジェルを施術部位に塗ります。

その上でクリプトンライトを照射すると毛根がダメージを受け、毛の産生がストップするのです。

SSC方式の1番のメリットは、ライトの照射出力が多少抑制されていても問題ない、というところ。ジェルの補助として利用するので、高熱でなくても大丈夫です。したがってIPL方式よりももっと痛みが軽くなります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは最も新しい脱毛方法です。両方ともバルジ領域という毛根の一部を標的にするところが、以前の方法と違っています。

特にハイパースキン法は、メラニン色素の有無に関わりなく施術できるところが利点です。ライトの温度が極めて低いため、施術時の痛みが皆無です。ですから、痛みに敏感な人や子供さんでも脱毛ができます。

光脱毛と医療脱毛の違いとは?

光脱毛と医療脱毛の違い
上述の通り、現在のサロンでは光脱毛による施術がおこなわれています。

それに対し、医療脱毛クリニックの方で使われているのは「レーザー脱毛」という方法です。これは光脱毛とどんなところが違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、名前の通りレーザー光線を使った脱毛方法です。もともとレーザーは、波長に応じて特定の色に反応する性質を持っています。つまり、破壊のターゲットとするモノに色がついているなら、それに合わせて波長を調節することで局所的にダメージを与えられるわけです。
医療現場では、この特性を用いたレーザー手術がおこなわれています。

では、光脱毛とレーザー脱毛の相違点はどこか、というと、発毛器官を破壊するパワーにあります。

サロンの光とは比較にならない波長の長さを持つレーザー光は、皮膚に隠れた毛根部分に確実に届きます。そのため発毛器官は完全に破壊されることが多く、施術効果が死ぬまで続く確率が高くなります。

それだけレーザー光の威力は抜群で、医師でないとマシンを操作できません。

ただレーザーは施術時の痛みが強烈で、肌が弱い人は肌トラブルが生じる可能性もあります。

光脱毛の良い点・悪い点

良い点・悪い点

良い点

光脱毛の第1のメリットは、何と言っても施術コストが安いこと。

もちろん部位やプラン次第ですが、1回の料金が医療クリニックの2分の1以下の場合もあります。

また、サロンのマシンを操作するには特別な資格はいりません。すでに説明したように医療レーザー脱毛の場合は医師資格を持っていないと施術できませんが、サロンならどんなスタッフでもオーケーです。
つまり、より多くの客を受け入れられるので、医療クリニックのように「契約したのに、予約が中々入れられない」という事態が避けられます。

2番目のメリットは、肌への刺激が少なく、照射時の痛みが少ないこと。そのため、肌の敏感な人、痛みに弱い人にはピッタリです。

レーザー脱毛は、レーザーのパワーが強烈なので施術時の激しい痛みが避けられません。そのため、場合によっては笑気麻酔などの麻酔を使うこともありますが、光脱毛ではそんな必要はありません。

麻酔を使うと追加料金がかかることが多いですから、その点でも助かります。

そして最後のメリットですが、光脱毛には多種多様なプランとコースがあるため、自分の思い通りの施術内容にできます。

細かい部分の指定もできますし、サロンによっては顔などのエステコースをオプションにしているところもあります。

悪い点

光脱毛は「脱毛」とはいっても、実際は「減毛」「抑毛」という方がピッタリで、施術しても「部位は死ぬまでツルツル」というわけにはいきません。

ただ毛が復活するにしても、細くなったり本数が減少したり、成長の勢いが衰えたりするので、施術したことがムダにはなりません。

また光脱毛は、レーザー脱毛よりも施術終了までの期間が長くなります。

光脱毛は1回の照射では、効果はそれほど上がりません。根気よく施術を続けた結果、ようやく効果が実感できます。部位によっては、その時間がレーザー脱毛の数倍もかかってしまいます。

完了まで時間がかかりすぎると、レーザー脱毛より料金が高額になることもあるので注意が必要です。

そしてもうひとつのデメリットに、産毛や薄い色の毛の処理が苦手、ということが挙げられます。

これらの毛は黒いメラニンの含有量が少なく、光線を当てても吸収されにくくなっています。そのため、施術を重ねても効果がない場合は、他の脱毛方法に変える必要が出てきます。

サロン選びの際、どんな点に注意すべき?

どんな点に注意すべき?

料金システムに留意する

サロンは色々なタイプの店舗があり、料金体系もバラエティに富んでいます。ただ大きく分けると、「月額制」と「ローン」の2つになります。

費用を節約したい人は「月額&定額制」を選びがちですが、施術が長引くとかえってトータルコストが高くなることもあります。

「月額制、回数無制限」というプランもあり、お得な印象があります。しかし、回数によってその価値は変わってきますし、「1回あたりの時間」も留意すべきポイントです。

たとえば施術頻度が1週間に1度で、1回10分だと仮定すると、1ヶ月の施術時間は40分となります。
40分でどれほどの部位が施術できるかによって、その料金がお値打ちかどうか、判断がつきます。

また、有名サロンは顧客が多くて予約が殺到するので、思い通りに施術できないことが多いようです。

行き始めてから失望しないためにも、契約前に情報をチェックしておきましょう。

同じ部位でも男女によって料金差がある

「〇〇(部位の名前)を脱毛するとしたら、料金はいくらですか?」とサロンで直接訊くと、「普通は〇円です」とスタッフが答えてくれると思います。ただ女性客の多いサロンだと、その返答にも注意が必要です。

というのも男性は毛の量と質が違うため、通常よりも料金が高くなることが多いのです。

しっかり毛をチェックして、正確な見積もりを算出してくれる店もあるかもしれませんが、女性より料金が高くなりがち、ということを忘れないでください。

「追加料金」を取られる?

ローンや月額制での料金のほかに、追加料金を取られる場合があるか、事前に調べておきましょう。

例えばサロンだと、家でオリジナルのケア商品を使用するように勧められることがあります。その代金はもともとコースに含まれるのか、知っておくことが大事です。

延長料金のシステムは?

一旦脱毛が完了したものの、効果に納得できない人は、追加で施術してもらえます。

その際、契約時から追加料金が固定されているサロンがあります。
それが高額すぎると困るので、あらかじめ訊ねておいた方がいいでしょう。

以上、脱毛未経験の男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。

現在、脱毛は非常に人気があります。サロン間の競争も激しく、新規客を増やそうと懸命です。毎月のように値下げキャンペーンをおこなっているので、公式サイトなどを小まめにチェックするようにしましょう。

医療脱毛クリニックをうまく選ぶには?

「勧誘がしつこくて悪質」
「施術が我慢できないほど痛い」——

以前、脱毛にはそういった芳しくないイメージがつきまといました。しかし、近年は行政の規制強化、そして技術自体の向上もあって、そういう印象は一掃されています。

さらに料金がグッと下がったこともあり、客層は驚くほど広がりました。
有名人が出ているコマーシャルや電車内の広告を見て、「自分も一度脱毛してみるか」と考える人も少なくないでしょう。

脱毛するとなったら、行くところは2つしかありません。脱毛サロンか医療クリニックです。話を聞いた上で契約し、部位次第で数ヶ月から数年、時間をおいて通うことになります。

値段が安いのはサロンですから、そちらと契約する人が以前は多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットも認識されるようになり、どちらを選ぶか迷ってしまう人もいるようです。

そこでこのページを立ち上げました。脱毛にチャレンジしたい人向けに、医療クリニックの利点と難点、施術に用いられる技術、そしてクリニックを選ぶ際のコツなどについて、色々と説明していきたいと思います。

クリニックではどのような施術がおこなわれるのか?

どのような施術なの?
上で述べた通り、脱毛しようと思ったら、サロンか医療クリニックのどちらかに出かける必要があります。
専用マシンで施術をする点は両方とも同じなのですが、もちろん違うところもたくさんあります。

では医療クリニックには、どんな特徴があるのでしょうか?

1)施術にレーザー光線を使う

医療クリニックの第1の特徴は、施術にレーザー光線を使う、という点です。

このレーザーを用いる脱毛技術は、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンの論文「選択的光熱凝固理論」を応用したもので、古代オリエントが起源とされる脱毛の歴史に大革命を起こしました。

それまでの脱毛は「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)と呼ばれるものが中心でした。これは特製の電気針(プローブ)を使う方法で、逆さまつ毛の治療のために1875年のアメリカで眼科医チャールズ・E・ミッチェルが考案。毛穴にプローブを挿入し、微弱な電気を通して発毛を止めます。

この方法は効果は優れていますが、なにしろ手作業で毛穴にプローブを差し入れていくために時間と手間が要り、それだけ料金も割高になってしまいます。
しかも痛みが尋常ではなく、施術時には相当な忍耐を強いられます。

この状況に変革をもたらしたのが、レーザー脱毛の発明でした。

その名前の通り、レーザー脱毛はレーザー光線を用いてムダ毛を手入れする脱毛方法。レーザー光は単一の波長を持った光子の集まり、つまり単色光です。
普通の光のように広がっていかず、まっすぐ同じ方向に進みます。

さらに大事な特徴は、波長によって特定の色だけに反応する、という点。レーザー光線が反応すると熱エネルギーに変化するため、照射によって色のついた物質に大きなダメージを与えることができます。

脱毛の施術では、毛に含有される黒いメラニン色素に反応するよう、媒質や光学素子を通して波長を700nmから1000nmに調節します。
ムダ毛に照射されたレーザー光線は、毛のメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化。毛の温度は65度〜70度まで上昇します。

やがてその高熱が毛包全体に広がり、発毛を促進する組織である毛乳頭や毛母細胞を死滅させ、毛の成長を防ぐのです。

この脱毛方法の長所は、あくまでメラニン色素だけが破壊の対象となり、表皮などの組織に損傷を及ぼさないという点です。 施術はレーザー光線を照射するだけで、非常にスピーディー。ニードル脱毛のような手間は必要ありません。

開発当時は照射できるレーザー光線は1種類だけでしたが、今はダイオード、アレキサンドライト、YAGなど波長の違うレーザーがそろっており、施術箇所や毛の性質に応じて選ぶことができます。

2)永久脱毛に対応

脱毛についてはまだまだ一般に知識が浸透しておらず、「脱毛の施術を1回受けると、その箇所のムダ毛は死ぬまで生えてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛球部分はたいへん丈夫な組織で、軽い損傷を受けても短期間でその機能はよみがえります。1度光を当てたくらいではダメージもさほどではなく、さらに毛には毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルがあるため、それに合わせて施術を続ける必要があります。そうやって定期的に照射していくうちにムダ毛が薄くなり、その部位がツルツルとなります。

サロンの施術でも医療クリニック同様、毛根に働きかける光線を使いますが、その威力が抑えられているために、毛母細胞はあくまで一時的に弱体化するだけです。数年も経てば発毛機能は回復し、ムダ毛が再び成長してしまいます。

その点、医療クリニックではパワー抜群のレーザー光線を使うため、毛母細胞が完璧に死滅する可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)レーザー脱毛ができるのは医師だけ

上で解説した通り、サロンの脱毛方法は毛根に働きかけるものではありますが、レーザー脱毛とは異なります。サロンのマシンから照射される光とレーザー光線を比較すると、威力の点で銃弾と砲弾ほどの違いがあります。「事故が起こることはまずない」とされているので、サロンではスタッフに特別な資格はいりません。

ところがレーザーの場合、体組織の一部を死滅させる力を秘めていますから、操作をあやまると重篤なケガにつながりかねません。そのためマシンを操作するのは、万一の時にトラブルに対応できる医師に限られています。
もちろん、応急処置が可能な器具や設備もそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の良いところと悪いところ

良いところと悪いところ

良いところ

・医師が施術をおこなうので、安全面で信頼性が高い
・脱毛効果が抜群で、毛深くても部位をツルツルにできる
・サロンよりも施術回数が少なく、完了までの期間も短い

悪いところ

・お得なキャンペーンが多いサロンより、料金が段違いに高い
・施術時の痛みがパーツによってはかなり強く、施術がイヤになる
・レーザー光の威力が強すぎて、毛膿炎や炎症が生じることがある

医療クリニックとサロンの違いとは?

医療クリニックとサロンの違い
上の項目でも少しだけクリニックと脱毛サロンの差に触れましたが、ここでさらにいくつかの相違点を述べておきます——

費用

脱毛サロンはいつも女性雑誌に目立つ広告を出していますが、そこには必ず「格安キャンペーン」「期間限定」などと大きく書かれています。これでも分かるように、サロンの重要なセールスポイントが施術料の安さです。

一方、医療脱毛クリニックの場合、医療機関という事情もあって料金がディスカウントされることはほとんどありません。

ここで、脱毛完了までどれほどお金がかかるのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的な料金を書き出してみましょう。

最初に脱毛サロンから。全国に店舗を設けている大手サロン20社の公式サイトから、施術箇所別の平均施術料を出してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円

という結果になりました。

続いて医療クリニックです。こちらはネットでよく目にする20院の平均施術料を計算しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円

これでよく分かるように、脱毛サロンより医療クリニックの方が施術料が高めです。特にその差が大きいのが顔脱毛で、クリニックの費用は脱毛サロンの3倍以上になっています。

効果

上で書いたように、施術方法においてサロンと医療クリニックでは差があるため、効果にも違いが出てきます。

サロンで現在採用されている脱毛方法は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンの脱毛方法の代名詞といえるもので、店舗によってはフラッシュ脱毛、光脱毛とも呼んでいます。照射口が広くて処理面積が広いため、背中、脚などの部位も素早く施術できます。しかも光のパワーは抑え気味ということで、痛みも軽微ですむのが特徴。

他の方法も各々メリットがあるのですが、いずれにしてもサロンの脱毛というのは原則的に「抑毛」「減毛」です。施術後は肌がツルツルになりますが、無毛状態はせいぜい数年しか保てません。

一方、医療クリニックではレーザー光線を用います。

レーザー光線には媒質によって、アレキサンドライト、ダイオード、YAGなどがありますが、いずれもサロンのライトとは段違いの威力を秘めています。

確実に施術部位を処理したいのなら、やはりクリニックでレーザーによる施術を受けるべきです。

保証

保証に関しては、医療クリニックと脱毛サロンには大きな差はない、と言い切っていいでしょう。

いつまでも心ゆくまで施術を続けられる「永久保証」、一定の日数だけ有効期限を延ばせる「期間保証」、未使用の前金を中途解約時に払い戻してくれる「返金保証」などは、サロンにもクリニックにもあります。

ただ条件・種類等については、クリニックによって色々と差がありますから、公式サイトであらかじめチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いで、案外指摘されないのが支店(支院)の数です。

「それって大事なの?」と思われるかもしれませんが、施術は毛の成長段階に合わせておこなうため、どうしても完了までに長い日数がかかります。つまり狭い部位でも数ヶ月、さらに手間のかかるコースになると、数年間は施術場所に通わなければなりません。

そうなるとその期間中に生活環境が激変するケースも出てきます。引っ越し・転勤がその典型ですが、移った先に契約していたクリニックの支院がないため、せっかく前払いした施術料がムダになってしまうことがあります。

部分脱毛なら数万円程度ですむでしょうが、全身脱毛のコースになると、前払金が20万を越える場合も少なくありません。引っ越しによってそれがムダになるのは避けたいことです。

大手サロンなどは全国津々浦々にたくさんの店舗があり、引っ越し後も契約を活かせる可能性が高くなります。
ところがクリニックだと規模の小さいところも多く、転居先に支院がないことも多いようです。

そんな状況を考えれば、転勤・引っ越しが多いという人は、全国の都市に店舗のある有名サロンと契約した方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニック選びで、留意すべき点は?

注意すべき点は?

施術料はいくらか?

クリニックで施術を受けたい、と考えた時、真っ先にチェックしたくなるのはやはりその費用です。

上述の通り、医療クリニックはサロンよりお金がかかるのが普通ですが、たとえばコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなりお安くなっています。両脇など、6回の施術料がわずか1,000円しかかかりません。

ほかにも部位によって格安な設定にしているクリニックがあるので、ぜひサイトなどで確認してみて下さい。

痛み軽減への努力は?

レーザー脱毛の大きな欠点が施術時の痛みです。最近ではそれに対処しようと、特別なマシンを導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では部位を冷やしながら脱毛する「ジェントルレーズプロ」を使っています。しかも麻酔代も無料。痛みがとにかくイヤ、という人には最適でしょう。

どれだけの支院があるか?

全国に支院がどれだけあるか、というのも見逃せない情報です。

それだけ顧客が多い、ということで安心ができますし、予約もかなり取りやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国にチェーン展開していて、転居後もそれまでの契約を活かせる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについて、色々と細かい情報を書いてみました。いかがだったでしょうか。

「施術時の痛みが強い」「料金が高い」などの理由でクリニックを敬遠する人も多いかと思います。
しかし効果を何よりも重んじる人にとっては、クリニックのレーザー脱毛は魅力的です。

どうかこのページを参考に、自分にあった医療脱毛クリニックを選んでください。

家庭用脱毛器の失敗しない買い方とは?

美容に対する意識が高まったせいか、脱毛も昔のような「お金持ちの贅沢」というイメージはなくなりました。
テレビでも盛んに脱毛サロンや医療クリニックのCMが流れ、気楽に脱毛してもらう人が増えています。

また時間的余裕のない人の中には、プロ並の脱毛ができると評判の家庭用脱毛器を購入している方もいます。

「1度脱毛を体験してみたいし、自分も買おうかな」と考えている人もいるかもしれません。ただ、高い商品ですし、その種類も豊富です。失敗しないためにもその特徴や効果、メリット・デメリット、また自分の肌質に合うかどうかについてもしっかり理解しておくべきでしょう。

そこでこのページを作りました。以下、家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その選び方などについて紹介していこうと思います。

そもそも家庭用脱毛器とはどんな器具?

家庭用脱毛器とは?
ムダ毛を手入れするためのツールというのは様々な種類がありますが、それらは大きく2つに分類されます。つまり、カミソリ・電気カミソリ・クリームなど表面の毛だけを処理するものと、毛抜き・ワックス・脱毛テープなど、毛根部分からムダ毛を引き抜くものです。

これらのうち、前者はあくまで除毛であり、「脱毛」とはいえません。そして後者は一応毛根から処理するので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛機能に損傷はないため、すぐに毛は伸びてしまいます。

ムダ毛が数年に渡って(あるいは永久に)生えないようにするには、これまでサロンか医療クリニックで施術を受けるしかありませんでした。

そんな中で発明されたのが家庭用脱毛器です。これは脱毛したい人にとって待ちに待った商品でした。

何しろサロンやクリニックだと、脱毛完了までに数ヶ月から数年は必要です。その間施術に通うわけですから、途中で脱落する人も多いですし、その費用が10万円以上になることもザラです。

それが家庭用脱毛器だと、もっとリーズナブルにプロ並の脱毛ができるのですから、大評判になったのも当然でしょう。

ただ、最も安いものでも2万円はしますから、いざ買うとなったら機種選びには慎重になってしまいます。

以下の情報をしっかり把握して、自分の目的や予算に合致するものを選んで下さい。

買う際に留意すべきポイントは?

留意すべきポイント
家庭用脱毛器は、機種によって効果の大小が明確に出る器具だと言われています。
「値段が安かったから」「デザインがかわいかったから」といった理由で買ってしまうと、後で失望するケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためにはどうしたらいいのか、そのコツを紹介してみます——

使い勝手の良さも大事

家庭用脱毛器の悪い口コミをネットで調べてみると、

「『効果的に脱毛できる』というので買ってみました。でも持つ場所が重すぎて、すぐに手が疲れてしまいます」

「1回の照射範囲が狭いので、足などの広いパーツには手間がかかります」

「動作音が大きすぎます。とても夜中は使えません」

などの感想がありました。このように「使用感がイマイチ」という理由から、せっかく買ったのにいつの間にか使用をやめてしまった、という人もいるようです。

こんな結果を避けるため、あらかじめ照射面積、最大出力レベル、連射機能についてはサイトで確認するようにしましょう。また近所に大型家電店があるなら、商品を色々触ってみて、どれくらいの重さかチェックした方が無難です。

コストパフォーマンスは?

脱毛器購入時のよくあるミスは、格安というので本体を買ったものの、消耗品のコストが予想以上に高く、結局は後悔してしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は2万円台というリーズナブルなものから、10万円以上のハイレベルのものまで色々流通していますが、使うと消耗していくカートリッジの費用を忘れてはいけません。

購入前には、本体価格はもちろん、カートリッジの費用とその交換頻度について、忘れずにチェックしておきましょう。

脱毛効果をしっかり把握する

脱毛サロンと医療クリニックでは各々脱毛方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各商品で異なる方式が用いられています。現在、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式が主流となっていますが、それぞれ得意・不得意があります。

どのパーツを脱毛したいのか、どれだけの効果をあげたいのかは使う人によって違いますから、各方式のメリット・デメリットを把握しておいた方がいいでしょう。

また、「顔やVIOなどの敏感な部位にも使えるか」「1回の使用で手間はどれくらいかかるか」といった細かいポイントも、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つの要素はしっかり留意しておいてください。

家庭用脱毛器の良いところ・悪いところ

良いところ・悪いところ

家庭用脱毛器の良いところ

・店や医院の予約時間に束縛されず、自分の都合の良い時に手入れができる
・交通費をかけて施術場所に行く必要がなく、費用が節約できる
・人にあまり見られたくない部位(VIO、乳首周りなど)もしっかり脱毛できる
・自分の肌に合わせてパワーレベルを調節できるため、照射時の痛みを軽くできる

家庭用脱毛器の悪いところ

・家電としては値段が張り、また高価なカートリッジを買い続ける必要がある
・海外製には出力が強すぎるものがあり、肌トラブルが生じやすい
・サロンや医療クリニックでの脱毛と比べると、効果を感じるのに時間がかかる
・お尻、うなじ、背中など、体の裏側にある部位は処理がしにくい
・切り傷、炎症、火傷などの肌トラブルが起こっても、あくまで自己責任になる

家庭用脱毛器を使った永久脱毛は可能?

永久脱毛は可能?
脱毛原理という点で、ほとんどの家庭用脱毛器はサロンや医療クリニックの器械と同じものです。ただ、家庭用はトラブル回避のために照射出力が抑えられているので、永久脱毛は不可能となっています。

なお、勘違いしている人がいるようですが、サロンでの脱毛は正しくいうと「抑毛」にすぎません。毛根はしばらく弱体化しているだけなので、数年経つと再びムダ毛が生えてきます。

永久脱毛したい人は、レーザー脱毛のできる医療クリニックに行きましょう。

脱毛方式の種類

種類
家庭用脱毛器の脱毛方式をいくつか挙げてみましょう——

フラッシュ式

こちらはサロンと同じ方式で、多くの家庭用脱毛器が採用しています。肌にIPLという特殊なライトを照射すると、表皮の奥にある毛根の発毛機能が熱によって弱体化。
間を置いて継続照射していくと、その部位の毛が生えなくなります。

最大のメリットは照射口が大きく、ワンショットあたりの照射面積が大きいこと。そのためムダ毛処理がスピーディにでき、打ち漏れも少ないので、足などの広い部位を脱毛するには最適といえます。

照射パワーもレーザーライトほどではなく、肌が熱くなりすぎることがありません。痛みもチクリとする程度です。

その代り、脱毛完了までの日数が長いのですが、それでも最初の照射から1年ほどで毛が薄くなり、自己処理が不要になります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックと同じ方式です。肌に照射されたレーザー光がムダ毛のメラニン色素に反応。その結果、毛根が高熱に包まれて毛乳頭などがダメージを受けます。

光はフラッシュ式よりもはるかに狭い範囲に集まるので、効果的な脱毛ができます。硬いムダ毛、あるいは顔の一部や指などを脱毛したい人にピッタリです。

完了までの日数もフラッシュ式より短く、2週間に1回のペースで照射を続ければ、3ヶ月ほどでムダ毛が薄くなってきます。

ただ足、背中といった広い部位のムダ毛を処理する場合、1回の照射にはどうしても時間がかかりますし、打ち漏れの可能性も大きくなります。

また、大きなデメリットとしてあげられるのが、「痛み」です。
ネットでも「痛さは瞬間的だけど、飛び上がりそうになった」「照射直前はつい汗が出る」といった口コミが投稿されていて、思った以上の痛みだと考えた方がいいでしょう。

特に骨に近いスネなどの部位、デリケートゾーン、脇はかなり痛いようなので、パワーを上げすぎないことが肝心です。

また、色の濃い箇所(ホクロ、日焼け、シミ)にはレーザーが反応することもあるので、くれぐれも照射しないようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピンセット状のピッカーと呼ばれる部分でムダ毛を挟み、そこに弱い電流を流すことで脱毛を行います。フラッシュ式やレーザー式と違って強い光を使わないので、額の生え際や眉毛など、目に近い部位のムダ毛を処理できます。

また、光を使う方式だと日焼け肌に生えている毛や白髪は手入れできないのですが、高周波ならこれらの毛にも対処可能です。

ただ、処理は1本ずつになるため、背中や足といった広い部位には向いていません。

なるだけスピーディにムダ毛処理を終えたいという人は、フラッシュ式の方が合っているでしょう。

以上紹介した3つの方式は、すべて毛根組織にダメージを与えて脱毛をおこないます。そしてそれらとはやり方が異なるのですが、やはり「脱毛器」に分類されている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても一応触れておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線でムダ毛を焼き切ります。
あくまで肌の表面にある毛を処理するだけで、毛根部分は影響を受けません。つまり正確には「除毛」です。

ただ毛先が丸くなるので、カミソリで剃った時のチクチク感がイヤな人には役立つでしょう。

最後に「ローラー式」ですが、ムダ毛をローラーヘッドに絡ませて処理する、という方法を取っています。

方法自体は毛抜と同じですが、広範囲をさっと脱毛できるのが長所です。もちろん毛穴や肌はダメージを受けるので、おすすめはしません。

主だった家庭用脱毛器の価格は?

価格
家庭用脱毛器を買う際に1番気になるのが、その価格です。

公式サイトの記載に基づき、主だった家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

・ノーノーヘア…12,800円

・エピレタ…17,800円

・センスエピX…29,800円

・ラヴィ(lavie)…39,800円

・トリア…54,800円

・ローワン…54,800円

・フィリップス…66,880

・2PSクリスタル…69,800円

・ケノン…69,800円

・ダブルエピ…81,000円

・レイボーテグランデ…108,000円

こうしてまとめてみると、1番安いものは12,800円、そして1番高いものは108,000円で、バラエティに富んでいます。

脱毛方法はほとんどがフラッシュ式ですが、トリアに関してはレーザー式、そしてノーノーヘアはサーミコン式です。

上で言ったように、買う時はカートリッジという消耗品の存在を考える必要があります。本体価格とカートリッジの維持費がどれぐらいになるか、自分であらかじめ把握しておきましょう。その数字を比べることで、本当の値段の差がハッキリします。

たとえば上の商品のうち、特に売れているものについて、そのランニングコストを調べてみると——

・ケノン
1回の照射単価…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
1回の照射単価…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
1回の照射単価…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
1回の照射単価…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「1回の照射単価の差なんて、ほんの少しだ」と高をくくる人がいるかもしれません。しかし脱毛は、一旦やり始めたら2週間ごとに必ず照射を続ける必要があります。
つまり、1回なら少しの費用でも、何回も照射を続けることで予想以上に蓄積されていくのです。

また、チェックする人が意外と少ないのが「照射範囲」です。1回の照射範囲が大きいとそれだけショット数は減少しますから、ランニングコストも安くなります。

トリアなどレーザー式ということで、照射できるのは狭い範囲だけです。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンに比べ、照射面積は半分以下になっています。

広い部位のムダ毛を手入れしたい場合、各商品の1回の照射単価と照射面積がどれくらいなのか、よく調べておきましょう。
その上で、なるべくリーズナブルな商品を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴、選び方のコツ、長所・短所などについて色々と解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で説明したように、家庭用脱毛器はその方式や機種によって用途・効果が異なります。また本体の値段はもちろん、消耗品となるカートリッジのコストをきっちり把握しておくことも重要です。

ぜひ自分に合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。